【実録漫画!】丸野裕行の激ヤバ裏社会~突然、逮捕されたらどうする(2)

  by 丸野裕行  Tags :  

お待たせしました新企画第2回!

どうも、バカで~す!

ピン〇ロ嬢も正業に就く、実録漫画『丸野裕行の激ヤバ裏社会』!

今回は、突然身に覚えのない罪状で
留置場に収監された体験記を綴ります!

世の中のタマキンの裏側を覗くような世界観をお楽しみください!
文章もイラストも100%マルノ印!
それではどうぞ!

※こちらはイラスト記事となっております。すべての画像が表示されない場合はこちらからどうぞ。

先客は〇〇〇と〇〇〇

<この房の決まり>
・上下関係はナシ!
・檻の外では会わない!
・助け合う!
・掃除はこまめに、清潔に!
・檻を楽しもう!
・早く出よう!

最後に関しては、願望のような気がしないでもないが、この房の“決定事項”として飲み込む。

とりあえず、時間帯も夜遅かったので、眠ることにした私だったが、
その夜に眠れるわけもなく、留置場の布団にくるまって、うずくまっていた。
果たして、これからどうなるのか…。

初めての鉄格子の中、不安でいっぱいになる。

これが留置場の中だ!

見ての通り、娯楽もクソも何もない檻の中で1日を過ごす。
取り調べがない日などは、ここにずっと閉じ込められたまま。
恐ろしいほど時間がたたないのだ。

その日のスケジュールもかなりゆるい

とにかくボ~っとするしかないのが留置場。
煙草を吸うこともないし、娯楽といえば食べることと本を読むこと、
同じ房の人間と話すことくらいしかなかった。

ちなみに朝食はコレだ!

わけがわからないコーティングがしてあるパンは変な味で、正体がわからない
もちろん、コーヒー牛乳もどこのメーカーかわからない代物だ。

to be continued…

次回第3回は
「刑務所よりもヒドい官弁と豪華な自弁の違いとは?」です!

丸野裕行

丸野裕行(まるのひろゆき) 1976年11月9日京都生まれ。 小説家、脚本家、フリーライター、映画プロデューサー、株式会社オトコノアジト代表取締役。作家として様々な書籍や雑誌に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。『初めての不動産投資マガジン』などのポータルサイト編集長、タレントとしてテレビ・ラジオ・トークイベントなど活動。地元京都のコラム掲載誌『京都夜本』配布中! 次回作に「純喫茶関東刑務所前」、「六軒町ラブドール」「童貞保護区域指定01号」、「屠殺場、地獄絵図ヲ描ク。」がある。

ウェブサイト: http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20150729/E1438111890736.html

Twitter: yabamono

Facebook: https://www.facebook.com/hiroyuki.maruno.5