2017ミス・インターナショナル、優勝はインドネシア代表「自分のことをいかに信じられるか」

  by GazinAirlines  Tags :  

69の国と地域のミスが東京・水道橋の東京ドームシティホールに集結し、その美貌と感性の競演がくり広げられたミス・インターナショナル世界大会。

11月14日のステージでは、民族衣装、水着、ドレス審査を実施。そのバックヤードで彼女たちのヘアメイクを担当したAshの担当者たちがとらえた画像が届いた。

当日、ファイナリスト15名が選出され、ウォーキング審査によりファイナル8が決定。さらにスピーチ審査を経て、「2017ミス・インターナショナル」入賞者5名、特別賞3名、ミス五大陸のそれぞれが決定した。

今年度の優勝は、インドネシア代表の ケビン リリアナ。

順位が決まったあと、彼女は、「女性が美しくなるために必要なもの」についてこうコメントした。

「すべての女性に対して学んだことを伝えようと思うのですが、自分のことをいかに信じられるか、そしてまわりに対しどのように証明できるかが重要」

また、日本代表の筒井菜月(24)は第5位。69の国と地域の代表の中から、自国の民族衣装をもっとも魅力的に披露した代表に贈られる「ミス・ナショナルコスチューム」も受賞した。

首都圏に121店舗を展開するヘアメイクサロン「Ash」は、ミス・インターナショナルのバックヤードでヘアメイクを担当。Ashスタッフたちは、言語などの壁を超え、身振り手振りで彼女たちのオーダーに応えていた。

今回は、ミス2017写真特集として、17枚の画像とともにそのステージの模様を紹介。

GazinAirlines

いま、そんな話題、こんな現場のなかにいます。