蘇れ、ブルートレイン!「VR鉄道建設プロジェクト」

  by momotarabitch  Tags :  

クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」にて、
80年代の鉄道ファンの憧れ、「ブルートレイン」を中心とした
今は無き鉄道を、仮想空間上に創り上げるVR鉄道建設プロジェクトが進行中です。

VRで可能となった新しい感動を更に広げていきたい

企画者の仁志野六八氏は、
以前にもCAMPFIREで「戦艦大和VR復元計画」を企画し実現したゲームクリエイター。
「戦艦大和VR復元計画」では、作品のファンやVRファンからも絶大な評価を得ました。

そして今回は、
日本人の代表的心象風景である鉄道をテーマに「VR鉄道建設プロジェクト」を立ち上げることに。

鉄道は多くの人々にとって思い出の風景です。

通学で毎日乗車した懐かしい車両と駅、
故郷をあとに初めて降り立った都会の駅、
家族で遊びにいったターミナル駅の百貨店。

そして未来の高速鉄道ーーー。

これらの風景をVR空間上に建設することで、鉄道趣味に大きな地平を開くと共に、VRの新たな可能性が開けるのではないかと考えております。

と、仁志野六八氏は仰っています。

第一弾としてのブルートレイン


そして、「VR鉄道建設プロジェクト」の第一弾として、
80年代の鉄道ファンの憧れであり、
高速鉄道の出現とともに姿を消していったブルートレインを中心に制作されます。

仁志野六八氏 「外観だけでなく寝台内部も作成するため、30~40代の方に楽しめることはもちろん、寝台列車に乗ることが叶わぬ若い鉄道ファンにとっては、いかばかりか新鮮な体験ができるでしょう。」


(開発中の寝台車内部)

鉄道ファンにはたまらない豪華なリターン

3000円以上の支援のパターンがあり、支援額によって
・VR鉄道ダウンロード版
・EF65型(3Dモデル)
・DD51形(3Dモデル)
・EF66形(3Dモデル)
・E231系(3Dモデル)
・希望する駅や車両の3Dモデル制作権
・100×100メートルまでの「思い出の駅と街の3Dモデル」
等々の豪華なリターンを受け取ることが出来ます。

豊富なモード

鉄道の他、3Dデータから路線周辺の街並みを再現し、駅や街を自由に歩けるようにしたり、
「運転・車窓モード」や、「クラフトツール機能」、「鉄道模型モード」、「撮影モード」、
更には、VRゴーグルがなくても可能な「2Dモード」、
複数のプレイヤーで楽しめる「マルチプレイ」を実装されるそうです。

詳細や支援はこちらから

鉄道ファン大注目の「VR鉄道建設プロジェクト」の
詳細の確認や、支援はこちらから可能になります。

【CAMPFIRE】思い出の駅、懐かしの車両、そして遥かなる未来へー。VR鉄道建設プロジェクト

momotarabitch

1996年3月14日生まれ 大橋桃太郎 2014年3月に18歳でZepp DiverCityでイベントを行いました。

Twitter: @momotarabitch

Facebook: Momotaro Ohashi