【動画あり】横浜に戻るぞ!『スーパースターヴァーゴ』でリベンジ航海日誌・中編

  by 古川 智規  Tags :  


2017年11月まで香港のスタークルーズが運行している『スーパースターヴァーゴ』による7泊8日の船旅。
前回、記者は初乗船し船旅をレポートした。しかし、台風の影響で航路変更となり宮古島、沖縄とまわり那覇で下船して航空機で帰京した。海象事由なのでだれの責任でもないとはいえ、本来の航路である大阪、横浜に戻ることができなかったのは悔やまれる。そこで、再度乗船し横浜に戻ってくる船旅を敢行した。題して「横浜に戻るぞ!『スーパースターヴァーゴ』でリベンジ航海日誌」。連載でレポートする。中編は鹿児島から上海まで。
前回の記事は以下を参照。

※参考記事
【動画多数】航海日誌・前編『スーパースター ヴァーゴ』破格なクルーズ客船とその魅力
http://rensai.jp/230725 [リンク]

【動画多数】航海日誌・中編『スーパースター ヴァーゴ』破格なクルーズ客船とその魅力
http://rensai.jp/230899 [リンク]

【動画多数】航海日誌・後編『スーパースター ヴァーゴ』破格なクルーズ客船とその魅力
http://rensai.jp/230898 [リンク]

■20 スーパースターヴァーゴ オリジナルムービーVer2
https://youtu.be/VR78ZpR_HDk

鹿児島港 JPKOJ


いきなり食事で恐縮だが、朝は起きれず寝坊。朝ごはんは食いっぱぐれ。最悪のスタートだ。と思っていても、フォローしてくれるのがスーパースターヴァーゴだ。朝寝坊してもちゃんとブランチの用意がある。「リド」でブランチ、とはいえ結構本格的に食べることができる。グリーンの飲み物は青りんごジュース。

スターンデッキに出てみると、航跡が美しい。まことにフォトジェニックだ。10デッキスターンの小さなプールは子供用だ。
ではここで日向灘航行中の動画レポート。

■22 スーパースターヴァーゴ JPKOJ 日向灘沖航行レポート
https://youtu.be/izFcs0STyVQ


ブランチと重なるように昼食の時間設定があるので、朝飯のかたきを昼飯でとるとばかりに「パビリオン」へ直行。
錦江湾を鹿児島に航行しているとパイロットを乗せたタグボートが接近してきた。

■23 スーパースターヴァーゴ JPKOJ 鹿児島湾でパイロット乗船
https://youtu.be/7MRv36fae-A

そして、鹿児島港に着岸する。

■24 スーパースターヴァーゴ JPKOJ 鹿児島港着岸レポート
https://youtu.be/2zJtx-F8iKs


鹿児島港に着岸。桜島がきれいだ。

前回は市電で鹿児島中央まで行き、白熊を食べた。しかし、今回は温泉につかりたいと考えていた。
タクシーで脇田電停まで1000円ほど。市電は均一170円。

郡元の一つ手前、涙橋で下車すると郡元温泉がある。

郡元温泉は本物の温泉だが銭湯なので390円。
鹿児島ではどこを掘っても温泉が出るので、銭湯も温泉。ちなみにここでは、循環させていない掛け流しなので飲用可能だ。ひしゃくも置いてあるし、地元の入浴客はペットボトルで持って帰っている。ただし一人6リットルまで。

成分表示もあり、効能のある本物の温泉だということがわかる。

白熊を食べようと思えば天文館にも鹿児島中央にも行く時間はある。しかし、銭湯にもカップではあるが白熊は置いてあった。さすが鹿児島。コーヒー牛乳と一緒に待つ。
何を待つのかというと、この銭湯にはコインランドリーがあるのだ。洗濯も乾燥もできるので、その間に白熊という作戦だった。以前鹿児島に住んだことがあり、このあたりをよく知っているという旅客の夫婦とばったり出会い、しばし会話。下船時間を利用して、昔の知り合いに会いに行くとのこと。こういう下船時間の使い方もあったのかと感心する。

本船に戻ると。ちょうど日の入り時刻で、タイミングが良ければ船内から夕日の写真が撮れる。

夕食は「スターダイニングルーム」。バイキング形式だが、メイン級のものはシェフが皿に取り分けてくれる。顔なじみになっていたフィリピン人シェフが鶏肉の塊を「もっとか?もっと食うだろう!」とお一人様1つ限りなんてケチくさいことは言わずに、山盛りに入れてくれた。おかげで記者の皿はチキンだらけというありさま。これで夜食に行くのはあきらめた。

デザートも取り放題なのだが、本船のチョコレートケーキはどこで食べても本当においしい。チョコレートそのものを食べているようだ。ケーキだけでもケーキバイキングが成り立つほどだ。しかし、これはあくまでも夕食のデザートに過ぎない。

暇なときは「ダイヤモンドクラブ」でコーヒーを飲むに限る。夜中12時までオープンしているので、いつでもウェルカム状態だからだ。
しかし、フィリピン人クルーのカレンさんが、ハッピーアワーだから生ビールでもいかが?と「営業」に来たので、では1杯いただこうかと注文。ハッピーアワーなので大した金額でもなかろうと思っていると、確かに金額は大したことはないのだがハッピーアワーの特典は東南アジアによくある「1 buy 1 free」つまり、1個買うと1個プレゼント。
それはいいのだが、いっぺんにジョッキ2つ持ってこられてもなぁ、と文化の違いに驚きながらサービスのローストピーナッツをつまみにビールを飲み干す。おかげさまでゆっくり眠ることができた。

東シナ海終日航海 JPKOJ/CNSHA


昨日はカレンさんのおかげでぐっすり眠れたとか言っていたくせに、「カレンさんのおかげでまた寝坊しちゃったよ」と朝寝坊を他人のせいにして、朝食を強制パスした記者はブランチで「リド」の世話になる。これほどまでに寝坊してしまうのは実はインサイド、ウィンドウの部屋とはベッドそのものが違うからともいえる。いわゆる船舶用作り付けの硬めのベッドではなく、ホテルに置いてあるようなハイベッドなのである。と、キャビンのせいににもしてしまう。
まずは、東シナ海の航海レポートから。

■25 スーパースターヴァーゴ JPKOJ/CNSHA 東シナ海航行レポート
https://youtu.be/gK9ax6C4Zps

今日は忙しい。続けて、前後するがブランチを食べた際のレポートを。

■26 スーパースターヴァーゴ JPKOJ/CNSHA 船内レポート・ブランチ編
https://youtu.be/z0bEiHtz46M

引き続き、船内レポート。動画内のあいさつを間違って「Good afternoon」というところを「Good evening」と言ってしまってるのはスルーしていただきたい。この程度の英語力だ。

■27 スーパースターヴァーゴ JPKOJ/CNSHA 船内レポート12/8/7デッキ
https://youtu.be/yQctFfh1Hqw

そして再度、東シナ海の航海レポート2。

■28 スーパースターヴァーゴ JPKOJ/CNSHA 東シナ海航行レポート2
https://youtu.be/0aX2NtB7qTY


動画で語っていたアップグレードされたカジノの会員カード。この会員番号はスタークルーズの会員とリンクさせることができ、前編で紹介した事前のネットでの買い物の際にIDとして使用することができる。

昼食はスターダイニングルーム。お弁当を選択したのだが、茶そばにお好み焼きという「うどん定食」もびっくりのメニューが。煮物も美味しかった。

全タイプのキャビン紹介コーナー


では、本船のキャビンタイプのすべてを紹介しよう。

エグゼクティブイートは船首と船尾にあり、これは船首のタイプ。バルコニーがブリッジの下という絶好のロケーション。

ジュニアスイートはシックなつくりで、日本人には落ち着いていて好まれそうな部屋だ。

寝室はカーテン付きの枕元には蒔絵という豪華絢爛な「宮殿仕様」(記者の感想)。

どちらのスイートルームにも部屋にジャグジーがあり、お風呂は部屋で入ることができる。
では、その他のキャビンを含めて動画でご覧いただこう。

■29 スーパースターヴァーゴ JPKOJ/CNSHA キャビン全タイプ紹介
https://youtu.be/RzcA-7NitoU
<center

引き続き東シナ海


夕食は「パビリオン」。パビリオンのおススメはスープだ。じっくり大量に煮込んだスープはどんなものでも絶品。
パビリオンでは注意しておかないとたまにではあるが「カエル」が食卓に上がることがある。鶏肉のような味なので美味しさには何ら問題はないのだが、気になる人は知らない方が良いのかもしれない。

パビリオンでは前回の航海で記者がMVP認定したフィリピン人クルーのアンジェリックさん(写真中央)と、今回初お目見えの日本人クルー小松未来さん(写真左)と記念撮影。
アンジェリックさんは再会をびっくりしていた。小松さんは専門学校の学生さんだ。アルバイトではなく夏休みを利用した職場体験つまりインターンシップというやつだ。インターンとはいえ、船員には変わりがないので「船員手帳」を持って乗船しているプロだ。

夜のパルテノンプール周辺。夜風にあたって波の音を聞いてると、読書でもしたい気分だ。静かに読みたい場合は図書室へ。

初夜食を「リド」で。夜食なのであまり多くは取らなかったが、麺類は必修で食べたい。パンはちょっと足りないかなと思って、青リンゴと瓜のようなメロンと一緒に軽くだ。
これで4日目は終わり。

上海港 CNSHA


5日目は上海港入港だ。時刻変更で夕方の入港となるので、ゆっくり船内で過ごす。
例によって朝食を強制パスして「リド」でブランチ。青りんごジュースは原色で日本人には「アレ」だが、味は美味しい。

マストには中国国旗が掲げられ、中国の領海に入ったことがわかる。
では、黄海から長江に入った段階での航海レポートを動画で。

■30 スーパースターヴァーゴ CNSHA 長江航行レポート
https://youtu.be/fyiQgreDJyw


上海で下船する旅客は旅券を受け取り入国審査の説明を受ける。ここで自分の旅券に「KAGOSHIMA」の出国証印がされているのを初めて目にすることになる。
では、上海港入港レポートを動画で。

■31 スーパースターヴァーゴ CNSHA 上海港入港レポート
https://youtu.be/nhkNtIL1mxI

r

続いて着岸時の様子。

■32 スーパースターヴァーゴ CNSHA 上海港接岸レポート
https://youtu.be/yFV2z3Lnlak

r


こうして、ようやく上海で下船する。前回はツアーで上海タワーに行っているので今回は停泊時間の都合もありパス。

中国に入国してターミナルを出る。
ターミナルの出口すぐ右にATMがあるので現金が必要な場合はここで出金できると思うが未確認。また出口正面には小さなコンビニがあるが、人民元がないと買い物ができない。入り口付近にスターバックスがあるが、閉まっていた。

ということで、何もできずターミナルの前でウォッチング。
タクシーはフォルクスワーゲン・サンタナ(中国との合弁)がメインだ。30年以上前に日本でも売られていたサンタナ。懐かしい。

乗船まで時間があるので、本船を眺めて過ごす。無料のWI-FIはない。本船のWI-FIがかろうじて受信できるので、それを使用してネット接続はできる。

そして、ようやく乗船となる。ターミナルの免税店では国際クレジットカードは使用できないので、実質的に中国人専用と考えてよい。

帰船してすぐに「パビリオン」夕食をとった。

肉も付いた北京ダックのようなものだが、このリンゴソースは実においしかった。北京ダックにリンゴがこんなに合うとは新しい発見だ。
これで5日目は終了。帰国の途に就く。が、あと3日かかる。

※参考記事
【動画あり】横浜に戻るぞ!『スーパースターヴァーゴ』でリベンジ航海日誌・前編
http://rensai.jp/233757 [リンク]

【動画あり】横浜に戻るぞ!『スーパースターヴァーゴ』でリベンジ航海日誌・後編
http://rensai.jp/233855 [リンク]

※写真および動画はすべて記者撮影・収録
取材協力 スタークルーズ

乗り物大好き。好奇心旺盛。いいことも悪いこともあるさ。どうせなら知らないことを知って、違う価値観を覗いて、上も下も右も左もそれぞれの立ち位置で一緒に見聞を広げましょう。

Twitter: jj6tje

Facebook: jj6tje