「けいおん!」じゃなくて競輪! 佐藤聡美がまったくしらない競輪を実況中継 9月18日ニコ生で

「ふだんは台本を呼んでキャラクターにこう、声をあてるお芝居をしているので、なにかを見て実況っていうこと自体が、ほとんど経験がないんですけど……」

「けいおん!」の声優で知られる佐藤聡美らが、9月18日(祝・月)、ニコニコ生放送 14:30~17:00(http://live.nicovideo.jp/gate/lv305848782)に出演。まったく知らない競輪を実況中継する。

今回、このニコ生で、レースの実況中継に挑戦するのは、競輪の「け」の字も知らないゴー☆ジャス(芸人)、佐藤聡美(声優)、彦摩呂(グルメレポーター)の3人。対象レースは、第33回共同通信社杯(武雄競輪場) 。

この人生初の実況中継を前に、佐藤は予習と称して、競馬の映像を見ながら実況にトライ。YouTube「佐藤聡美 「けいおん!」声優が初の競馬実況」でそのようすを伝えている。そのときの第一声が、冒頭のことばだ。

もはや実況じゃなくて……

レースが始まると、佐藤は、最後部を走る馬に着目。甘い声で「は~っ、待ってくださ~い。みなさんどうしてそんなに走るのが速いんですか~っ」と無理矢理、アテ込み。

こんどは闘う女子の声で、「絶対アンタなんかに負けない! あたしが一番になってみせる!」とアテれば、次はまったく音色の違うやさしい女の子の声で「あたしの存在も忘れてもらっちゃ困るわよ」と……。

そしてトップを走る馬の役にも挑戦。「トップを走るのは、孤高のね、クールなお姉さま的な存在の馬さんだと思うんですよ」ということで、女王様のような声で、「甘いわね、あなたたち、わたしに勝てると思っているのかしら」(キリッ)と。

もはや実況ではなく、馬の気持ちを妄想で代弁するという事態に。しかもぜんぶ女子声……。

最後には自分のアテレコ(実況ではない)に満足がいったらしく、「いいですね。アニメ一本つくれますね」とドヤ顔。

はたして、佐藤聡美をはじめ、彦摩呂やゴー☆ジャスは、まったく知らない競輪をどう実況するか?

また、この3人の9月18日ニコ生(14:30~17:00)の次は、10月9日(祝・月)にもメンバーとレースを変えて実施予定(放送時間調整中)。対象レースは、第30回マイルチャンピオンシップ南部杯(盛岡競馬場)。実況メンバーは、これまた「競馬をまったく知らない」というUZI、鳥居みゆき、そしてシークレットゲスト(後日発表)。

GazinAirlines

いま、そんな話題、こんな現場のなかにいます。