ゲームは勉強に役立ちます~大航海時代Ⅳを実況プレイ(やり直し)

大航海時代Ⅳの実況プレイ第3回目です。

「ゲームは勉強に役立ちます」をコンセプトにゲーム実況を始めた第1回目。基本的なゲームシステムの説明をし、

2回目では交易圏を拡大。

そして地道にレベルアップを重ね、本格的にシナリオを勧めて行くつもりでした。

いや実際には結構頑張ったんです。実況に先立ち、地道なレベルアップ。そして資金を稼ぎ、あとはシナリオをサクサク進めて行くだけ。そういう状況に準備し、順調な実況を行っていく…そんなつもりでした。

しかし説明書をあまり読んでいなかったのかのが原因か、このレベルアップ方法には実は大きな問題があったことが判明。それは何かといいますと、「自分がレベルアップをしている間、相手もレベルアップをしてしまう」ということです。

それだけではありません。このゲームの重要なポイントである「交易」なのですが、モタモタしていると他の勢力が様々な都市に入り込み、シェアを奪ってしまう。

むろん後から奪い返すことも出来なくはないのですが、非常に手間がかかります。だとしたら悠長なレベルアップなどしておらず、早い段階でさっさと多くの都市に進出していくのがベストです。

というわけで、

やり直し。

いきなり謝罪会見みたくなりました。

おそらく白髪増えたのではないでしょうか。

最初は心がときめいたオープニングですが、やり直しの影響からか面倒臭さが先行した状態で、とりあえずボタンを連打して先へ進みます。

ようやくゲーム再開となりまして、

何が言いたかったかといいますと、最初から船を数隻買っておきましょう。安い船でいいので。

レベルアップをした際、一隻の船でひたすら交易を繰り返していたのですが、それで時間をかけてレベルアップ&資金稼ぎをしていたわけです。他の相手は当然ですが数隻の船でレベルアップ&資金稼ぎをしています。当然ながら自分よりも速いペースでレベルアップをしてしまう。そして他の都市にも早く進出してしまうということになります。

交易品は船ごとに取引をします。一隻の船で取引をしている場合、一番大きな船でも5品までしか取り扱えません。しかし複数の船、即ち「船団」を組むことができるわけでして。

最大5隻×5品=25品

ここまでの交易が可能です。むろん、初期段階で5品積める船は買えません。しかし安い船でも2品は詰める為、5隻の船団を組めば10品分は運べます。これでも1隻5品の2倍、当然ですが収益効率が全く違います。

そして船員配置。まだ小さい船なのと、仲間があまりいないのでそれほど重要ではありませんが、ゲームが進むにつれて重要になってきます。

船団を結成し、大量の荷物を積み込みます。

そして出航。航路開拓へ。

仲間を増やして、

さらに街を発見し、

イベントがあるロンドンへと向かいます。

ロンドンでのイベントをこなした後、

前回のセーブポイントであるフランスのナントへと向かって終了。

想定外の再スタートとなってしまいました。しかし今後の展開も考え、早めの予防措置は必要ということで。

※写真・動画はすべて記者撮影・収録

ひが光司@朝食旅人

早起きのためにホテルの朝食巡りをはじめ、「金なし、コネなし、キャリアなし」の状態から朝食会をはじめとする交流会を100回以上開催。「名刺、自己紹介なし」をコンセプトに出会った相手はごく普通の人からベストセラー作家、カリスマセミナー講師まで500人を超える。現在は「初対面の相手と「名刺、自己紹介なし」で2時間話す方法」のコミュニケーション方法も指導中。ブログ「東京ホテル朝食日記」(http://ameblo.jp/hotelmo/)は2008年より連載。 電子書籍「ブログが続かなかった私が10年間ブログを書き続けてみてわかったこと」amazonランキング1位獲得(オンラインマーケティング部門)

ウェブサイト: http://10nenbunsho.com/

Twitter: hotelmo100

Facebook: koji.higa