夏フェス本番、METROCKな面々のハジケ具合と次フェス参戦のイメトレ!

  by GazinAirlines  Tags :  

「フェスって、オレたちにとってイチバン幸せな場所ですって、みんなに言おうぜっ」

BLUE ENCOUNT の田邊駿一が、海へ向かって叫べば、オーディエンスは両手でその言葉に呼応する。東京ゲートブリッジ上空をかすめる、羽田アプローチの旅客機エンジン音をかき消すほどの、拍手と声で……。

東京、新木場・若洲公園。大型連休明けの週末、5月20・21日に行われた METROCK 2017(TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2017)。田邊のいう「イチバン幸せな場所」かどうかわからないが、2日間、みんないい笑顔ばっかりだった。

夏休みも8月に入り、いよいよ夏フェスシーズン本番。そこで、5月に行われた METROCK 2017 東京会場のオーディエンスたち―――ファミリーや仲良し男女、おおはしゃぎグループらのハジケた表情とコメントで、次のフェス参戦へのイメージトレーニングといこう。

まず、ことしの METROCK に出演したアーティストは次のようなラインナップ(50音順)。フェス好きを驚かせたのは 関ジャニ∞ が2日めのトリ前を務めたこと。「初の野外フェス出演」(公式サイト)とあって、ジャニーズ好きもそうでない人からも注目を集めた。

◆5月20日
[Alexandros]/THE ORAL CIGARETTES/岡崎体育/感覚ピエロ/KEYTALK/9mm Parabellum Bullet/GLIM SPANKY/SPYAIR/sumika/BEGIN/Fear, and Loathing in Las Vegas/04 Limited Sazabys/BLUE ENCOUNT/ぼくのりりっくのぼうよみ/リーガルリリー/レキシ

◆5月21日
関ジャニ∞/KANA-BOON/キュウソネコカミ/classicus/Cocco/サカナクション/Suchmos/SHISHAMO/MY FIRST STORY/Mrs. GREEN APPLE/MOROHA/夜の本気ダンス/LOVE PSYCHEDELICO/忘れらんねえよ/wacci/WANIMA

都心から会場まで電車とバスで1時間以内、息をつく暇もないラインナップ……そんな都市型野外フェスをめざして駆けつけた、オーディエンスたちそれぞれの表情を、ここでチラッとのぞいてみよう。

METROCK 2017 オーディエンスのハジケ具合

「千葉からきました~。きょうは一番みたかったのは、レキシかな。うん。レキシがみんな楽しみだよね」

「神奈川県からきた19です」「そうっすね、全員、“04 Limi”(04 Limited Sazabys)!。ちなみにあしたもいます。2日券っす」「これまでみてきたアクトのなかだと、ORALだね、ORALだよねやっぱ。最高でした!」

東京からの20代女子は「アクト? なんだろうきょうはまんべんなく。でもBLUE ENCOUNT。あとたぶん、これからみるレキシと[Alexandros]はすごいと思う」

千葉からの30代グループは「きょうはもうやっぱ、オープニングアクトのORAL(THE ORAL CIGARETTES)」「“おまえらを信じてるから、それにノッてくれるヤツ、手を上げろ”みたいな感じのことばがよかった」と。ORALオシなのに、4人ともバッチリとレキシのプラ稲穂を持っているって……(笑)

愛知、神奈川、埼玉からの10代は、「ライブつながりでいっしょに。やっぱ、ザORAL CIGARETTESです。あっすいません、ジORAL CIGARETTESです。絶対ORALです」「オレはキュウソネコカミ!」「アタシは[Alexandros]です」「じゃあ、アタシももうひとついうと、MY FIRST STORYっすね」

千葉と神奈川からきた20代グループは、「高校の同級生、とその彼女と、大学の実習で会った友人っていうグループです」「きょうはブルー(BLUE ENCOUNT)っすね」「オレは04 Limited Sazabysだな」と。ブルーと言いながら、稲穂持っててだいじょうぶですか? と聞くと「えーっとー、ちょっとそこはノーコメントでお願いします。ハハハーッ」

ビールを片手にキャキャキャと笑う20代学生グループ、いい感じ。「も、もうブ、BLUE ENCOUNT、BLUE ENCOUNT」「ふぉ、ふぉ、アハハハッ、04 Limi、04 Limi」「いやいや、オー、オーラ、THE ORAL CIGARETTES!」。全員が自分の好きなアクトを連発、止まらない……。

「どうせおまえらみんな、アレキ([Alexandros])をみにきたんでしょ。あっオレも、あれ、あレキシ、あレキシサンドロスです」「いやー、やっとその無駄に買った稲穂を使うときがきましたからーっ。あっ、でも次のホントの[Alexandros]のときにその稲穂を振っちゃダメよ!」「ホントやめてね。あの、ワタリドリが、稲穂ドリになっちゃうから! ホントに」(レキシ)

レキシが大好きというファミリーは、彼のこんなステージMCに、拍手を送りながら大笑いしていた。

レキシが[Alexandros]をひっぱり出してオヤジギャグを放てば、レキシに続く岡崎体育はこう言い放ち、ステージに登場した。

「さっきそっちで歴史(レキシ)の授業があったらしいですね。こっちはこれから体育の授業です」(岡崎体育)

2日めのヘッドライナー、サカナクションのステージが終わると、オーディエンスたちは闇夜に灯るハザードランプをめざす。METROCK 2017 は、都営バスと国際興業バスが、1日70台態勢でフェス輸送を担当。「あーあっ、終わっちゃったねー」と笑う彼らを乗せて、JR京葉線 新木場駅へと向かった。

この METROCK 2017 、実はまだ疑似体験できるチャンスがある。MUSIC ON! TV(エムオン!)で8月12日(土)21~26時、METROCK 2017 のアツいステージの一部を、「METROCK 2017 アーティストスペシャル」と題して連続オンエアするとか!

このスペシャル番組の4時間で、THE ORAL CIGARETTES/SPYAIR/キュウソネコカミ/KANA-BOON/サカナクション/MONGOL800/GLIM SPANKY/MOROHA/BEGIN/リーガルリリー の10アーティストの熱狂を再び、体感できるはず。

METROCK 2017 アーティストスペシャル 8月12日(土)21~26時

◆THE ORAL CIGARETTES (21:00~21:30
◆SPYAIR (21:30~22:00)
◆キュウソネコカミ (22:00~22:30)
◆KANA-BOON (22:30~23:00)
◆サカナクション (23:00~23:30)
◆MONGOL800 (23:30~24:00)
◆GLIM SPANKY (24:00~24:30)
◆MOROHA (24:30~25:00)
◆BEGIN (25:00~25:30)
◆リーガルリリー (25:30~26:00)

(すべての画像は著者が対象者の許可を得て撮影)

GazinAirlines

いま、そんな話題、こんな現場のなかにいます。