【フジコのほっこり*週毎弁当#09】

毎週食べても飽きない、そんなお弁当のような存在でありたい

ものまね番組を見ながら娘が一言

先日、ものまね番組を2人で見ている時のこと。
ものまね番組によくある演出で、ものまねしてたらご本人登場という場面を見ていて、
「このふたりはきょうだい?かぞく?」と私に聞くので、「ちがうよ、ものまねだから似てるんだよ」と、こたえると、
「いいなあ、すうちゃんもでたいなあ」というので「誰かに似てないと出れないんだよ」と、こたえると
「すうちゃんはアンバーに、にてるでしょ」と私を指差しながら満面の笑顔。(※アンバーとは娘が私を呼ぶ時の呼び名です)
もうこの子ったら、と胸がキュンとなりました。
ウチの娘はお父さんの小さい頃にそっくりで、出先などでも120%「お父さんに似てるわねえ」と言われます。
娘的には、お母さんにそっくりだと思っているようです。

日体大出身という異色の経歴をもつ、ほっこりおまかせイラストレーター。1月末に自由国民社から出版の、東京オリンピックまでのおもてなし本「外国語ができなくてもおもてなしできる」のオールイラストを担当。およそ300カットのイラスト満載の楽しい本は絶賛販売中で、御陰様の2月に重版出来!4歳の娘の育児とイラスト活動と児童指導経験を活かした幼児親子向けのワークショップなど。日々のほっこりをブログに載せたりつぶやいたり。南林間乙女マガジン「りん子」を季刊で発行。イラストのご依頼などお問合せもウェブサイトよりお気軽にお待ちしております。

ウェブサイト: http://fujico.konjiki.jp/

Twitter: @fujico_co

Facebook: fujico.fujidana