【ベトナム・ダナン】海鮮が有名な街、ダナンでローカルシーフードを食べる!

みなさんこんにちは、たそ、です。


ダナンはベトナム中部のリゾート地で、海が綺麗で有名です。

日本人や韓国人だけでなく、欧米人やベトナムのハノイやホーチミンの方々も観光地として人気があります。
そんな海の街で、やはり有名なのは海鮮。
しかしながら私は海無し県出身だからか、あまり海鮮が好きではありません・・

ダナンに来てから何かと皆、海鮮を勧めてくる。

会社の飲み会でも、ちょっとした友人とのご飯でもローカル海鮮料理店になること多々。

ダナンの人気ローカル海鮮店、「QUAN BE MAN」

そんな私でも結構乗り気で行けるローカル海鮮店が、「QUAN BE MAN」。

「BE MAN A」と「BE MAN B」の2店舗あり、本店がAの方です。

ベトナム人の友人によると、スタッフの感じが良いのはAとのことですが、
私にとってはどっちもどっちだな・・・笑
どちらの店舗も観光客・地元民で混み合っています。

簡単なテーブルと椅子に座って、生け簀から食べたいものを選ぶシステム。

キロで料金が貼り出されているので、食べたい分だけ注文します。

値段はその日によって変動するので料金表のチェックを忘れずに。

食べたいものが決まったら、何グラム食べるか、調理方法はどうするか伝えます。

少し英語を話せるスタッフもいるので、調理方法を英語で伝えても大丈夫です。

英語がわからなかったら、周りの人の料理を指差して「SAME SAME」(ベトナム英語で同じ、と言う意味。何故か2回言う。)と言うと、わかってくれます。

生け簀には魚だけでなく、貝類も沢山。


私は前世貝塚にでも生き埋めにされたのか、と言うくらい、貝を食べるは愚か、見る事も寒気がするので貝は注文しません。

でも周りはタニシもめっちゃでかくて食べ応えがある、と言っていました・・
定番は「アサリのレモングラス蒸し」

「刺身」もできる

海老等も新鮮なので、希望があればお刺身にもしてくれます。

私は
自他共に認めるお腹弱い人間ですが、この海老のお刺身は私も大丈夫でした。

やはりローカル店は繁盛店だと、回転率がいいからかなぁ。

「鍋」料理も可

カニや海老や魚を豪快に鍋にもできます。

鍋を頼むと、「ブン」と言う米粉でできた麺がセットで出てきます。

「ブン」は鍋に入れず、取り皿に入れてスープを掛けて食べるのがベトナム流。

春雨の勢いで誤って鍋に投入するとかなり顰蹙を買います。

私のオススメ「謎の魚の塩焼き」

海鮮嫌いの私ですが、この魚はお勧め。

季節によって、生け簀に無い事もありますが、塩焼きにするとニジマスみたいで美味しい。
(海鮮嫌いだけど、自分で釣ったニジマスは食べれる派)

日本名は、ヤガラ?ってやつだと思います。
(お魚詳しい人、教えて下さい。)

淡白な味で、臭くなく食べ易いです。

おわりに

どのローカルレストランにも時々フルーツやらえびせんやら売りに来る人がいますが、お店のスタッフではありません。

買いたければ購入しても良し、ですが、1度購入するとその後様々な売り子に囲まれるのでご注意ください。

他のローカル海鮮料理屋と比べても、スタッフも外国人観光客に慣れており、
味付けも日本人にも食べ易いお店なので、ダナンでローカル海鮮が食べてみたい!と言う方は、
是非、「BE MAN」へ行ってみてください。
海鮮が好きじゃないお友達も、食べられるものを見つけられるかも・・?

★写真は著者撮影

たそ

ベトナム、ダナン在住。大学では第一言語がフランス語だったにも関わらず、都内では金融、医療の分野で働き、気付けばベトナム在住。気付けば猫も家族に。気の赴くままに生きるタイプのA型、長女。お酒、旅、食、アニメ鑑賞、アイドル鑑賞‥多趣味な器用貧乏。ホーチミンからダナン異動となり、サーフィンも始めた30代。適当な英語とベトナム語で今日も生きています。

ウェブサイト: https://www.ab-road.net/abgirl/writer/00166/