飲み放題万歳!クラフトビール千円飲み放題を体験してきた(※ただし2点注意あり)

  by 矢野 竜広  Tags :  


最近、飲み放題禁止の話題で世間が賑わっている。
いわく、「タバコの次は酒で今後段階的に規制されていくのでは?」という論調である。だが、一方で奇しくも「飲み放題の利点」も改めて見直されている。「会計がラク」「自分のペースで飲める」というものだ。そして、一点重要な視点が欠けている。「みんなハッピーになれる!」のだ。
 
今だからこそこの記事を世に問う!

これはおそらく日本一?安くクラフトビールが飲める店への潜入記である。

注意点をもったいぶらずに早々に明かす。

ビール好きがこぞって集うのがこちら「ビアホフ ガンバリウス」。

飲み放題ののぼりが立っているのがおわかりだろうか。記事のタイトルに「※ただし2点注意あり」と書いたが、早めに注意事項を明らかにしておこう。

一つ目はまず、この場所が鳥取であるということ(あ!無言で画面を閉じないで!)。「ビアホフ ガンバリウス」は鳥取県どころか西日本をも代表する大山Gビールの醸造所併設のレストランなのだ。

2点目は常に千円飲み放題をやっているわけではないこと。例年の実施概要をざっとまとめると以下の通り。

1~2月 → 公式HPのクーポンを見せた人だけが飲み放題
3月上旬~GW前 → 春の飲み放題
GW~9月 → なし
10月上旬~Xmas → 秋の飲み放題

今回は「春の大山 地ビール祭り」期間にお邪魔した。

楽しそうなオトナ達の姿をとくとご覧あれ!

店内に入ると巨大なドイツ国旗がお出迎え。欧風レンガ造りを基調とした、重厚かつビールが一層美味しく感じるインテリアがビアラバーを魅了する。

鳥取県の人口は60万人弱と日本で最も少ない。だが、千円飲み放題期間中は都内のように込み合う。確実に座りたいなら早めの予約をおすすめする。

さあ、席に案内されたら「ビール飲み放題お願いします!」と大きな声で告げよう。

ビールはセルフが基本なので、空のグラスが運ばれる。この哲学的に佇む空のグラスを手に、店内の一角にあるサーバーコーナーへ進むのだ。

かつては陶器のドラフトタワーが並んでいたのだが、この春から10Taps最新サーバーシステムが居並ぶ。

この日のラインナップはレギュラー4種(ヴァイツェン、ピルスナー、ペールエール、スタウト)に限定2種(八郷、IPA)を加えた計6種。これらが千円(税別)で飲み放題となる。あなたの好きなビアスタイルを伝えよう。ちなみに、ハンドルキーパーのためにソフトドリンクは400円(税別)で飲み放題。これも嬉しい。

大山Gビールの代表銘柄はWBA(ワールドビアアワード)という権威ある大会で世界一に輝いたヴァイツェン。飲みやすく1杯目にも向いているので、乾杯はぜひともヴァイツェンで行いたい。

あなたは最近、ここまで楽しそうなオトナ達を見たことがありますか?

絶品グルメがビールのピッチを加速させる。

美味なる料理もオトナ達の楽園には欠かせない。クラフトビールを飲む場合、ビール代に数千円かかるので料理を抑えがち…なんて人も多いのではないだろうか。ここではビール代が千円に固定されているので、おもいっきりフードを注文できるのだ!

※以下、飯テロ注意。





定番の豆腐サラダをはじめ、揚げ物、ソーセージ、大山鶏、ピザとビールが進んで困ってしまうようなメニューが豊富に用意されている。もちろん、困ることはない。なぜなら、時間制限のない飲み放題だから!
3分クッキングの「予め調理したものがこちらにあります」のイメージで時間を短縮、飲み食いしたものがこちらになります(限定の八郷とIPAはおかわりしたので計8杯完飲!)。

かつてのヒットソングに ♪グラスの数だけ陽気になれるよ という歌詞があったかなかったか忘れたが、まさにそんなシチュエーションがTOMORROWではなくTONIGHTに楽しめる。


あなたは最近、ここまで楽しそうなオトナ達を見たことがありますか?(その2)
 
めちゃめちゃに楽しんで夜が更けたのだった…。
 

おしまいに

いかがだっただろうか?
春の飲み放題期間はもう終わる。だが、また夏が過ぎればおそらく秋の地ビール祭りが始まる。ぜひ秋になったら鳥取へ!(千円飲み放題はないけれど、山陰はGWから夏も最高に楽しい)
もしあなたが真のビール好きだったら、ビアホフ ガンバリウスは飛行機に乗ってでも訪れる価値があるお店だ!
 
 
<店舗情報>
ビアホフ ガンバリウス
鳥取県西伯郡伯耆町丸山1740-30
TEL:0859-39-8033
公式HP  http://g-beer.jp/

矢野 竜広

1980年生まれ。東京都出身、妻の故郷である鳥取県に移住したライター、ビアエッセイスト。 立教大学を卒業後、広告制作会社勤務のコピーライター、事務所所属の構成作家を経てフリーランスに。愛してやまないビールを、飲むだけではなく学びたい!と数々の講座を受講。ビアバー巡りにも勤しむ。そんな大のビール好きが高じて、『ビールの図鑑』(マイナビ、2013)、『日本のクラフトビール図鑑』(マイナビ、2015)の執筆に携わり、地ビール会社にも勤務。NHK文化センター(鳥取教室、米子教室、梅田教室)でビール講座の講師を務める。その他著書に、詩集『そこに日常があった。』(文芸社、2002)、『・ツナ缶×1』(Kindle版、2014)、『「結ぶ」と「築く」~鳥取・大山町の移住者たちが挑んだ婚活事業~』(∞books、2016)。趣味は一人旅、ノンフィクションの書籍を読むこと、ドキュメンタリー鑑賞。

ウェブサイト: http://beeressay.com/

Twitter: beeressayist

Facebook: tatsuhiro.yano.79