JKビジネスとAKBの握手会

  by kadekawa  Tags :  


JKビジネス(お話しカフェ)とAKBの握手会はとても似ているものがあると思う。お話カフェとは秋葉原の一部通りで客引きをやっている女の子に声をかけられお店へ行き料金前払いし決まった時間女子高生とお話やゲームができるといったものだ、中には常連さんや推しがいて気に入っている女の子を指名したり予約して帰るお客さんもいるそうだ。AKBの握手会はというと知っての通りCDに握手券が付録されていてその握手券があると女の子と握手をし簡単なお話ができるというものだ。どうであろう形態は違えどどちらも「お金」を対価に「女の子」とお話をしたりするスタイルなのだ。AKBの女の子の中には未成年の子もいる。これも取り締まるべきではないのか?JKビジネスJKビジネスと秋葉原でお話しカフェに従事する女の子ばかりを補導するということは間違ってはいないか?むしろ握手会の場合男性と触れ合っていたり、女の子が刃物で襲われたりと重大な事件が起きている。はたまたお話しカフェではまず男性と触れ合うことはない、そして刃物で襲われたという話も聞いたことがない。AKBの握手会は女の子もお客さんも納得してやっているといったらそこまでとでも思いましたか?お話しカフェだって一緒ですお客さんも納得してお金を払っていれば女の子も納得した上で真面目に働いている。7月から新法律が施行されお話しカフェも「特定異性接客業務」になるのであれば、AKBの握手会も18歳未満の女の子に関しては「特定異性接客業務」とみなされるべきではないのか。

kadekawa

ジャーナリストをを志す23歳。 秋葉原という街に興味を持ち追いかけている。JKビジネスや若年女性の性的被害、秋葉原を調べている。また、園芸福祉についても勉強をしている。

Twitter: meishokadomatu

Facebook: 嘉手川 裕太