ヱビス『桜デザイン缶』『華みやび』とカップリゾットの『リゾランテ』を一気に試してみた

  by 古川 智規  Tags :  


サッポロビールからすでに発売されているエビスの桜デザイン缶の秘密、そして新たに発売された華みやび、ポッカサッポロフード&ビバレッジから登場したカップリゾットを一気に紹介する。

桜デザイン缶の秘密


同商品はエビスのデザイン缶なので中身が変わったわけではない。あくまでも期間限定の缶デザインだ。
パッケージに配された桜の花びらが、摂氏10度以下に冷やすことで白からピンクに変わるという演出を施したもので、写真は常温の状態。

冷蔵庫で冷やすと飲み頃サインとして花びらがピンクに染まる。この桜の花びらに隠された秘密があった。

実はこの桜の花びらをよく観察してみると、いくつかがハートマークであることがわかった。肉眼でもわかるものもあれば、ルーペでよく見ないとわからないものまで、大小いくつかのハートが隠されている。写真は最も見つけやすかったものを、ズーム撮影したもの。
サッポロ公式でもおそらく紹介されていないと思われるので、まだ店頭に売っているようであれば『幸せのピンクのハート』を探しながら春を彩る美味しいビールを楽しんでいただきたい。なお、ハート探しに夢中になってビールの温度が上がると白くなってしまい、極端に見つけにくくなるので開缶する前に探したほうが懸命だ。

カップリゾットは洋風雑炊?


酒をたらふく飲んだあとは、締めの雑炊といきたいところだが、鍋料理でもしていないとそうは問屋が卸さない。
そこで、洋風雑炊というわけではないが、リゾットはいかがだろうか。
若干無理のある設定だったが、普通に食事として食べても大丈夫なほど量も質もしっかりと作ってある。

写真左は『リゾランテ完熟トマトリゾットカップ』、右は『リゾランテ濃厚チーズリゾットカップ』だ。
まずは完熟トマト。バジルのアクセントが効いた完熟トマトたっぷりの意外と本格的なリゾットだった。朝昼夕食はもちろん、受験生の夜食にもぴったりだろう。
次に濃厚チーズ。女子が大好きなチェダーチーズがたっぷりと入った文字通り濃厚なもっちりリゾットだった。気になるカロリーは185キロカロリーと控えめながら出来上がりは170グラムになり、量もしっかりとおにぎり約1.5個分は腹持ちも良い。
いずれもコンビニでサラダと組み合わせれば、ちょっとしたグルメだ。
希望小売価格は税別180円と手頃な価格も魅力だ。

発売前レポート!『華みやび』


3月7日から発売の『ヱビス華みやび』はオリジナルのエビス別バージョンで、上面発酵のホワイトビールだ。
パッケージはクリーム色を基調としたライトなものではある。
しかし、実際に飲んでみるとまず驚くのはその香り。値段の高いクラフトビールのような花畑のような香りが立ち上ってきた。
飲んでみると二度びっくり。パッケージのイメージとはいえ「ライト」と書いてしまった記者自身が恥ずかしくなるような濃厚な苦味と味わいで、「これを本格ビールと言わずして何という?」という直感を持った。
無論、香りがフルーティーなだけに好みは別れるところではあるが、味は記者好みだった。

写真の生ビールは、ビアホールの「銀座ライオン」等では提供されるということなので、これは記者に欺かれた思って一杯飲んで見る価値はあると確信する。店頭販売では350ミリリットルと500ミリリットル入りの缶のみとなる予定で、アルコール分は5.5パーセント。

※写真は全て記者撮影

乗り物大好き。好奇心旺盛。いいことも悪いこともあるさ。どうせなら知らないことを知って、違う価値観を覗いて、上も下も右も左もそれぞれの立ち位置で一緒に見聞を広げましょう。

Twitter: jj6tje

Facebook: jj6tje