正義とは、大義とは、を考えさせられた「THE MAGNIFICENT SEVEN」

  by Yukie Shibasaki  Tags :  

THE MAGNIFICENT SEVEN」は、Yukieが今までに観た アントワーン・フークア監督作品の中で1番良かった。

そしてサムを演じたデンゼル・ワシントンも、今までで1番良い。 サムほど高潔なキャラは、そういないのでは。 「俺たちは皆死ぬだろう。」というセリフに不安をいだいたが、7が全滅じゃなくて良かったよ。

クリス・プラット演じる(ちょっとチャラそうな)ジョシュが、あそこまで活躍するとは思わなかった。 二枚目キャラ(ウインクしてたし笑)なんだと思って、彼は生き残ると予想してたのだが・・・。 でもジョシュの早撃ちはかっこ良かった!
ところで近年大作出演が多いクリス。 ちょっと前までは「ウォンテッド」とか「マネーボール」とか、脇役俳優だったのに。 きっと彼は人柄がよく、地道な仕事ぶりが実を結んだのだろう。

イーサン・ホーク演じるグッドナイトの、「親父はこう言ってた」→「親父はいろいろ言ってた笑」ってシーンはアドリブ?  そんな感じに見えた。 サムとグッドナイトが「南北戦争以来だな」って抱き合ってるシーン、Yukieには「トレーニング デイ以来だ」と喜んでいるように見えた。(笑)  16年前の映画(監督はフークア)でイーサンはその分年取ったが、デンゼル兄さんはあまり変わってないような。(笑)

ジャック役のヴィンセント・ドノフリオの高音喋りが、まだ耳に残ってる。(笑)  ヴィンセントは正に山男って感じ。

イ・ビョンホン演じるビリーもかっこ良かったじゃん!  なのにナイフ講習で皆が帰ってしまったのはナゼ?(笑)

ヴァスケス役のマヌエル・ガルシア・ルルフォと、レッドハーベスト役のマーティン・センズメアーは初めて観た。 2人とも若いので、これからの俳優でしょう。 ヴァスケスはジョシュが撃たれた時、「グエロ!」と叫んでガッと加勢するシーンが○だった。 レッドハーベストを見て、「あれはコマンチか? 俺の目の錯覚か?」って言ったのは誰?(笑) 面白いセリフ。

ヘーリー・ベネット演じるエマは、一度も笑わず・・・。 「タマがあるのは私だけだから」ってセリフがクール。 ボーグに止めを刺したのが7ではなく、エマだったのも良い。 でも夫は還って来ないので、彼女の気は晴れないだろな。 
エマ夫役のマット・ボマーは登場シーンが2・3分しかなかったので、ファンの方は残念だったね。

冒頭のピーター・サースガード演じるボーグの、極悪非道な行いに涙が出た。 「俺が目を付けたら土地ではなくなる。塵となるんだ」ってのは、西部劇ならではのセリフだな。
ピーターの悪役演技は・・・◎ではないが(笑)、まあまあだった。 (少なくともフライトプランの時よりは○) Yukieが気になってるのは、マギー・ギレンホールは今作を観たのかナ?ってコト。(笑)

そしてYukieはテディQ役のルーク・グライムスに、つい目が行ってた。(笑)  イケメンじゃない?  テディは撃たれてた気もするが、生き残って良かった。
ルークは「アメリカン・スナイパー」に出ていたようだ。 兵士役でブラッドリー・クーパーと共演したのだろうが・・・Yukieは覚えてない。

ローズ・クリークという美しい名の町から悪漢が消えて良かった。 でも町民がただ助けてもらうのではなく、7を雇ってさらに自分たちも戦うってのがいいな。

サムの哀しい過去の詳細とか、グッドナイトのPTSD?の理由とか、テディは何者なのかとか、他にももっと知りたいことだらけだけど、全部描いてたら5時間位の映画になっちゃうもんね。

7の誰もが出て行っても良かったはず。 (サム以外は)自分とは無関係のことだから。 彼らが留まった理由は、観客それぞれが考えるべきだと思う。

開拓時代って、きっと激しく熱くドラマチックだったに違いない。 だから100年以上たった今でも西部劇が作られるのだ。 それに比べて現代はSNSだの何だの、全然ドラマチックじゃない。

「七人の侍」も「荒野の七人」も観たことがなくても楽しめたが、機会があったらどちらも観てみたい。

脚本・音楽・演技・スタント全てが素晴らしく崇高、感動した。 映画史に残る作品。 Yukie個人的にも特別な映画になりそうだ。

Yukie Shibasaki

洋楽・洋画ライターのYukie Shibasakiデス、よろしくお願いします! 好きな映画:トランスフォーマーシリーズ、ミッション・インポッシブルシリーズ、アメコミもの、タランティーノ作品、等々。 好きな♪:BACKSTREET BOYS、QUIETDRIVE、NE-YO、等々。 ♡なこと・もの:スイコレ、サン宝石、ほっぺちゃん、カピバラさん、外食。 理想の男性:Daniel Bruhl。 2017年の抱負「ライブに行きたい! 日本語検定2級を取りたい!」