知ってる? 200年前のテキストでガリ勉して作った函館・五稜郭は”エセ要塞”だった!

「何事も先達はあらまほしきことなり」とは、吉田兼好の言葉で、仁和寺のある法師が岩清水八幡を詣でた時、麓の別の社寺と勘違いした失敗談の感想である。

歴史の中では時として、必死で頑張ってみたものの、後世の目でみれば”笑うしかない”という事例が不幸にも発生してしまうものだ。

その典型が築城法の変化であろう。
戦争における兵器や戦術の進化により、従来、難攻不落と言われた堅城も、一夜にして、陳腐化してしまう。

しかし、兵器や築城法の技術革新への乗り遅れは、日本が300年にわたり鎖国をして太平の夢を貪っていたことに起因するわけであるから、無理からぬところもある。

元和偃武以降、鎖国をしながら太平の夢を貪っていた日本では、その300年間で完全に世界の技術革新に乗り遅れてしまったが、幕末の動乱の中で慌てて、最新式と言われる築城法を取り入れた例があるのをご存じだろうか。

それが、いわずと知れた、函館の五稜郭なのだ。

五稜郭は、武田斐三郎という洋式軍学者によって設計された星型の要塞であるが、築城洋式の世界ではこれを稜堡式城郭と呼んでいる。

ヨーロッパでは「ヴォーバン式要塞」として、1680年頃にフランスで考案された要塞構築法であり、従来の中世以来の石積みの城壁では、攻城砲(大砲)による被弾を免れなかったことから、その対策として編み出された新技術であった。

しかし、その後、幕末頃のヨーロッパではナポレオン戦争以降、軍隊の大規模化と共に野戦が主流となり、攻城戦はほとんど行なわれなくなっていた。

つまり、武田斐三郎が参考にしたのは、当時より200年前の築城法のテキストであり、しかも残念なことに、そこで説かれていた本来の機能を発揮するためには、五稜郭の「5倍」の面積の規模での大要塞を構築する必要があったのである。。

五稜郭の場合、たまたま、戊辰戦争で旧幕府軍が篭ったので、近代戦争用の要塞のように受け取られているが、その実は極めて防御性の低い、ただの「防塁」に過ぎなかったという訳。
ちなみに、旧幕府軍は防御力が低いと考えたのか、五稜郭を援護するために、四稜郭という支城を築いている。

さらに、悲しいことに、江戸幕府の老中や陸軍総裁を歴任した松平乗謨(まつだいら のりかた)は、長野県佐久市に、ミニ五稜郭と呼ぶべき竜岡城を「本気」で築いているのだ。

当時、幕府きっての開明派と言われた閣僚にして、この勘違いである。

しかし、人々の意識や政治体制が鎖国300年前のレベルのままであった当時の日本においては、無理からぬ話でもあるのだろうと私は思うのだ。

※五稜郭(ごりょうかく)は、江戸時代末期の1866年(慶応2年)に北海道函館市に建造された城郭。当時の正式名称は亀田役所土塁(柳野城)。国指定特別史跡。戊辰戦争の最後の戦いの地として有名で、佐幕派の大鳥圭介隊と土方歳三隊の両隊が五稜郭を占拠し、蝦夷共和国を樹立したが新政府軍に敗北し明け渡された。

(所在地)「五稜郭」:函館市五稜郭町44番地
(交 通)函館市電 五稜郭公園前下車 徒歩15分

写真:写真AC

ガジェット通信寄稿しています。1995年設立・出版編集プロダクション法人代表取締役兼カメライターの人。出版メディア業界歴20年。単行本50冊、雑誌/新聞100誌以上の執筆・取材・撮影・編集に携わりました。◆各種ご依頼などはこちらへ◆