三陸鉄道で2016年度の「こたつ列車」運行開始

  by さんらいず  Tags :  

予約は乗車日の1か月前から受付

岩手県内を走る三陸鉄道株式会社(以下「三陸鉄道」)が、毎年冬に運行し好評を博しているという「こたつ列車」について、2016年度は12月17日から北リアス線で運行を行っていることを発表しています。

今では三陸鉄道の冬の風物詩となった「こたつ列車」、2016年度の運行は2017年3月26日(日)までの土日祝日とのこと。ただし、2017年1月3日(火)から1月5日(木)までの3日間は毎日運行するそうです。

「こたつ列車」は座席にこたつ配備の車両と普通の座席車で構成されており、こたつ配備の車両は指定席扱い。指定券の発売は乗車日の1か月前の9時から行っており、指定席の利用者には「こたつ列車乗車証明書」の発行もあるのだとか。

(イメージ画像はいらすとやより)

「なもみ」の登場など車内イベントも

また、「こたつ列車」では秋田の「なまはげ」を連想させる岩手県北部の風習である「なもみ」が突然現れるというサプライズイベントも実施。さらに指定席の予約時には弁当の予約(久慈発12:13の宮古行きのみ可)やスイーツセットの予約(宮古発15:05の久慈行きのみ可)も同時にできるといったサービスも。

楽しみ盛りだくさんの「こたつ列車」、冬の旅の候補として検討してみてはどうでしょうか。

(本記事で書いた運行時刻は2017年2月まで、三陸鉄道では2017年3月にダイヤ改正を実施とのこと)

スイーツ、IT、鉄道、雑学、本、投資、高速バス、時事ネタ・・・様々なジャンルに対して好奇心一杯でネットの世界を行ったり来たりしています。

ウェブサイト: http://fanblogs.jp/sunring/