光回線とは?IPv6とは?光コラボサービスについての基本的なこと


いまやインターネットの主流となっている「光回線」ですが、詳しくご存知無い方も多いと思います。今回は光回線や光回線のサービスについてまとめてみました。

光回線とは?

光回線とは光ファイバーケーブルを使った「ブロードバンド回線」です。
ISDNやADSLなどの回線と比べて非常に通信速度が速いことが特徴です。
従来のケーブルでは電気を通しますが、光回線は光を通します。
光回線を使用するためには住居や会社に光ファイバーケーブルを引く工事を行う必要があります。
光回線でのインターネット接続のことは「光インターネット」と呼ばれています。
光回線は最大100Mbps(上り・下り)の速さだと言われています。最近では1Gbpsというサービスも出てきました。
ちなみに有名な「フレッツ光」の速度は

『Wi-Fi接続』
■パソコン・・・最大概ね1Gbps(送受信時)
■スマートフォン・・・867Mbps(受信時最大)

『有線接続』
■パソコン・・・最大概ね1Gbps(送受信時)

となっています。

光回線は通信速度が速く、しかも安定しており、大容量のデータ通信もスムーズに行えます。
唯一のデメリットは料金が高いことです。
ですが、様々なサービスの割引などを使用することにより料金の負担を減らすことも可能となっています。

光回線の説明などになると「IPv6」なる用語が出てきます。では、「IPv6」とは何なのでしょうか?

IPv6とは?

「IPv6」とは、「Internet Protocol Version 6(インターネット プロトコル バージョン6)」の略語で、新しいインターネットプロトコルのことです。
それまでは「IPv4」が主流で、標準的なプロトコルでした。
インターネット接続をする際にIPv4アドレスを割り当てていたのですが、インターネットの普及により、IPアドレスが無くなってきてしまいました。
IPアドレスは電話番号のようなもので、コンピュータがIPアドレスを使いインターネット通信をします。パソコンにはIPアドレスが割り当てられ、IPアドレスは世界中で重複しないようになっています。もし無くなってしまうと、新たにインターネット接続ができなくなってしまいます。
そこで、「IPv6」規格が開発され、これまで約43億個だったIPアドレスを「約340澗(カン)個」にまで使えるようにしたのが「IPv6」です。
これにより、IPv6アドレス空間は「1人あたり約5万×1兆×1兆個程度」となり、無限に近い数のIPアドレスを使えることになりました。

IPv6 の接続性や情報については、こちらのサイトでテストすることができます。
あなたの IPv6 接続性をテストしましょう

NTT東日本では「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライトプラス」「フレッツ 光ライト」で、IPv6アドレスによるインターネット接続ができます。

さて、上記を踏まえた上でNTTフレッツ光の「光コラボレーションモデル(光コラボ)」の説明となります。
光コラボは非常に多数のサービスがあります。その中の一部を紹介致します。

2015年にスタートしたNTTフレッツ光の「光コラボレーションモデル(光コラボ)」のまとめです。大手のドコモ光やOCN光のほか、中小企業のあくび光など、さまざまな光コラボを紹介します。

「光コラボレーションモデル(光コラボ)」の一部

ドコモ光 | NTTドコモ

So-net 光 コラボレーション

OCN 光

ビッグローブ光

@nifty光

ぷらら光

U-NEXT光コラボレーション

DTI 光

IIJmioひかり

Marubeni光

あくび光(あくびコミュニケーションズ)

ソフトバンク光(ソフトバンク)

iSmartひかり (株式会社フォーバルテレコム)

※その他コラボ光関連資料
光コラボまとめ
あくびネット公式ブログ
あくび光公式ブログ
あくび光
あくび光
あくびネット
あくびネット
遠山和久のインターネット情報
あくびコミュニケーションズ・遠山和久社長の評判まとめ
ツイッターあくび光
ツイッターあくびネット

SEOコンサルタント/お笑い芸人/調理師 著書:「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本」(技術評論社)、「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化」(秀和システム)など。

ウェブサイト: http://ameblo.jp/arzentin/

Twitter: snyokky

Facebook: 100000461799159