WALL・E

  by Yukie Shibasaki  Tags :  

CGアニメ映画「WALL・E」をレンタルして観た。
2008年に公開され、日米で初登場1位をとったヒット作。

友情物語のような、恋物語のような、可愛いストーリー。 そこへ環境問題を組み込んでいるのがさすがなディズニー/ピクサー。

あらすじ
遠い遠い未来の地球で、ウォーリーという名のロボットが一人黙々とゴミ処理を続けていた。 人類はゴミでおおわれた地球を捨て置き、宇宙で暮らしていたのだ。 と、そこへイヴという名のロボットが突然現れる。 彼女はある指令を受け、地球にやって来たのだ。 仲良くなりかけた二人だったが、目的のモノを見付けたイヴは停止状態になってしまう。 さらに謎の宇宙船が現れ、イヴを連れ去ってしまう。 ウォーリーは宇宙船にしがみつき、イヴを助けようとするが・・・???

ウォーリーはカワイイ。 それに、健気。
イヴは強くて真面目。 目が笑う時が可愛かった。
二人は形も種類も違うロボットなのだが、いいカップルだと思った。 ウォーリーが記憶を失ってしまうシーンで泣いてしまったよ。

ストーリーを考えた人はロマンチストだな、と思った。

遠い未来のストーリーなんだけど、所々古っぽいものも出てくるのが何か良かった。 そして映画の中で使用されていた曲と、ピーター・ガブリエルのエンディング曲も良かった。

予想以上に良い映画だったので、アニメも観るようにしよう!と思った。

Yukie Shibasaki

洋楽・洋画ライターのYukie Shibasakiデス、よろしくお願いします! 好きな映画:トランスフォーマーシリーズ、ミッション・インポッシブルシリーズ、アメコミもの、タランティーノ作品、等々。 好きな♪:BACKSTREET BOYS、QUIETDRIVE、NE-YO、等々。 ♡なこと・もの:スイコレ、サン宝石、ほっぺちゃん、カピバラさん、外食。 理想の男性:Daniel Bruhl。 2017年の抱負「ライブに行きたい! 日本語検定2級を取りたい!」