CRADLE 2 THE GRAVE

  by Yukie Shibasaki  Tags :  

アンジェイ・バートコウィアク監督の、ヒップホップ三部作の第三作目「CRADLE 2 THE GRAVE」をレンタルして観た。
ヒップホップカンフー?  黒人&中国人が出ているってコト???(笑)

★主な登場人物★
スー(ジェット・リー):台湾の諜報員。“ブラックダイヤモンド”の行方を捜している。
トニー(DMX):泥棒チームのリーダー。娘に優しい。
ダリア(ガブリエル・ユニオン):トニーの恋人兼チームの一員。セクシー(!?)担当。
リン(マーク・ダカスコス):ブラックダイヤモンドを高値で売り捌こうとする悪人。以前はリーの同僚であった。
トミー(アンソニー・アンダーソン):トニーチームの一員。かく乱(!?)担当。
アーチー(トム・アーノルド):トニーの友人。お調子者の盗品売り。
ヴァネッサ(ペイジー・ハード):トニーの9歳の娘。勇敢な女の子。

ブラックダイヤモンドは実は宝石ではなく、合成プルトニウムであった。 核燃料となる、物騒なモノだ。 そうとは知らずに盗んでしまったトニーだったが、ダイヤはギャングに奪われ娘・ヴァネッサはリン一味に誘拐されてしまう。 トニーはスーと協力して、ヴァネッサとダイヤを奪還しようとするが・・・というストーリーだ。

冒頭の、ビルの屋上からスーが一階ずつ飛び降りていくシーンがスゴかった!  トム・クルーズばりのスタント!  
プロの格闘家が参加したという、ファイトクラブシーンもスゴかった&ちょっぴり笑えた。 他のアクション映画にはない感じ。
ジェット・リーの映画は好き。 「ロミオ・マスト・ダイ」とか「キス・オブ・ザ・ドラゴン」とか!  ジェットは体調が良くなって、映画界に復帰してくれるといいな。

トニー役を好演していたDMX。 子供の扱いに慣れてる感じだナーと思ったら、10人お子さんがいらっしゃるとのこと。 納得。
トニーのバギーチェイスシーンは超スゴかった!  “バギー”チェイスシーンなんて、滅多に観られないよ。(笑)
DMXとジェットはなかなかいいコンビだったな。 いつか再共演して欲しい。

ダリア役のガブリエル・ユニオンは「バッドボーイズ2バッド」に出ているそう。 今度レンタルして観よ。
ダリアは脱いだり(!?)アクションもしたり、活躍していた。

Yukieはやっぱりアンソニー・アンダーソン(トミー役)、好きだなァ。 ゲイ演技も面白かった。(笑)  「まさか女なんて相手にしないでしょ? それってバカの極み。」というトミーの台詞に、Yukieは妙に納得してしまった。 ウンウン、そうだよね・・・
アンソニーは本作や「トランスフォーマー」等コミカルな役が多いが、「ディパーテッド」等ではシリアス演技も見せてくれている。 Yukie的にはコミカル演技の方が好きかナ。(笑)  アンソニー・アンダーソン、知らなかった人は覚えておいて!

トニーの娘・ヴァネッサを演じていた子役・ペイジー・ハードは24歳になったんだぁ。 機会があったら、大人になった彼女の演技を観てみたい。 

本作の監督、アンジェイ・バートコウィアク氏はあの「スピード」や「リーサル・ウェポン4」の撮影監督を務めた方。 Yukieが「スピード」を思い浮かべたのは、トニーとダリアがメトロの上に乗っかっているシーン。 ・・・キアヌー・リーヴズとデニス・ホッパーも乗っかってなかったっけ?(笑)

(戦争映画以外で)戦車が出てくる映画って、そんなにナイよな。(笑)
とにかく身を乗り出して観入ってしまうアクションシーンと、バトルシーンの連続!!!なのだ。 でもそこに父娘のドラマを入れたり、面白キャラ(トミーとアーチー)を登場させてコメディ色も入れたり、バランスが良いというか、良く作られた脚本だなって思った。

2003年の作品だが、全然古さを感じさせないし!
中国アクターの映画はあまり観たことがない方でも、アクション映画が好きであれば断然おススメできる。(それにジェットはコテコテの中国人って感じじゃないし笑)
というワケで、未見の方はぜひ☆

Yukie Shibasaki

洋楽・洋画ライターのYukie Shibasakiデス、よろしくお願いします! 好きな映画:トランスフォーマーシリーズ、ミッション・インポッシブルシリーズ、アメコミもの、タランティーノ作品、等々。 好きな♪:BACKSTREET BOYS、QUIETDRIVE、NE-YO、等々。 ♡なこと・もの:スイコレ、サン宝石、ほっぺちゃん、カピバラさん、外食。 理想の男性:Daniel Bruhl。 2017年の抱負「ライブに行きたい! 日本語検定2級を取りたい!」