3.11後、80年代作家が元気!

ニコニコ動画と『思想地図β』のコラボイベント『ニコ生思想地図 出張編』を、新宿・紀伊國屋サザンシアターにて見学してきました。
『思想地図β』を率いる気鋭の思想家、東浩紀氏。『早稲田文学』の主幹を務める市川真人氏。旬の論者が「震災から文学へ」をテーマに語るシンポジウムで最大の注目は、作家の高橋源一郎氏でした。

シンポジウムのチラシと、高橋氏の新刊

高橋氏といえば『さようなら、ギャングたち』『優雅で感傷的な日本野球』など、80年代に一世を風靡した印象が強いですが、3.11後、にわかに言動が注目を浴びつつあります。

高橋氏に限らず、人気経済番組『カンブリア宮殿』でMCを務め、主宰するサイト『JMM』でも社会的発言を続ける村上龍氏。そして、もはや作家ではなく政治家としてメッセージを発信し続ける新党日本代表の田中康夫氏など、80年代の文壇スターたちがいま、元気に言論界をリードしている印象です。
では、高橋氏はどのような発言をしているのか? 実際に、シンポジウムでの印象的な発言を拾ってみました。

 

「震災以降、ほとんどの小説が読めなくなった。『ああ、書いてあるな』という感じしかしなくて、読んでも頭に入ってこない。『こんなに世界が大変なのに、なんで真面目な顔して小説を書いているんだよ。もっとふざけろよ』みたいな」

「今の若い作家たちは、文章がきれいすぎる。『もっとこの世界について見たい、知りたい』と思ったら、言葉は崩れておかしくなる。きちんと書けるということは、文章のことしか見ていない」

「僕はあるところでは原発反対のアクションをするし、別のところでは『原発があってもいい』とも言う。この複雑な現実で、どっちか決めろと言われても困るんだよね。だから、あちこちへ行って矛盾することを言えばいいんじゃないか。矛盾を覚悟する、それが文学の言葉じゃないか」

「僕はできるだけあらゆる場所へ出かけていって、言葉を使いたい。3.11で思ったのは、みんな呆然として言葉を失っている時こそ、続けて発信すること。どこでも発信すること。何でも発信すること。それが文学者の大きな役割だと思う」

 

……壇上で東氏が指摘していたように、高橋氏が80年代からこだわってきた「バカバカしさ」が、震災を経ていっそうパワーアップしたようにも感じました。

御年61歳の高橋氏、だてに4度の離婚を経験しておりません。不謹慎さが話題を呼んだ『恋する原発』、3.11以降のTwitterのつぶやきをまとめた『「あの日」から僕が考えている「正しさ」について』……最も旬な「震災文学」の担い手、それが高橋氏かもしれません。

編集・ライター業を営んでおります、「株式会社 スタジオポケット」の青木ポンチと申します。 大学卒業後、漫画系の編集プロダクション→情報誌編集部を経て2009年に独立、PN「青木ポンチ」として本格的に取材・執筆活動を始めました。メディア・出版業でのキャリアは16年になります。 より広く、深く社会に情報を発信していきたいと思い、ウェブライター活動を始めました。得意分野は社会・エンタメ全般(テレビ・芸能、格闘技、街ネタ、自然食、社会問題など)。面白く、ためになる情報を皆さんにお伝えするのが、みずからのライフワークと思っております。

ウェブサイト: https://www.facebook.com/shin.salon/ http://bccks.jp/store/marupon

Twitter: studiopocket

Facebook: aokiponchi