「京都大学」受験生が、英作文でやってはいけない3つのこと。

  by takagishigemi  Tags :  


「京都大学」の英作文で、やってはいけない3つのこと。

  私は、名古屋の7つの大規模予備校、塾、専門学校で14年間英語講師をしておりました。40人いる講師の中で、2番人気でした(生徒アンケート)。また、自分の塾で長年、京都大学の英作文の添削を行ってきました。

  そして、気づいたことがあります。それは、多くの生徒n方が高得点をとれる英語がどんなものか知らないこと。あるいは、勘違いされていること。その3つだけお教えしましょう。

1、「文法的に正しければオッケー」
  たとえば、「あそこに山が一座あり、以前ウサギが数羽みかけた」というのは文法的に正しい日本語ですが、違和感がある。それは、古すぎるから。現代日本人は、学者や教師が何と言おうと、山を座で数えないし、ウサギを羽という人もほとんどいない。

2、「通じれば問題はない」
  たとえば、「私は、夕食を召し上がった」と言えば、意味は通じる。でも、自分に尊敬語を使うのは違和感がある。よほど、自分をエライと思っているのかもしれないが、意味は通じても日本人ではない感じがする。

3、「難しい単語を使えば高得点」
  たとえば、「これは人口に膾炙した明言だね」と言って、意味の分かる人はどれくらいいるのだろう?「この名言は誰でも知っているよね」という方が自然でしょう。「オレは知っているぜ」とアピールしても、受験では評価されない。

 今、「本当に評価されないのかな?」と思った、キミ!そう、キミ。あたなの疑問は正しい。断定は良くない。仮定は、実証されなければ真実ではない。だから、私は実際に京都大学を7回も受けて実証したんだよ。

詳細は、こちらに書いておきました。
http://storys.jp/100002507170434

 要点だけを書いておくと、

(1)、受験参考書や問題集にある文体で書いたら、6割。
(2)、英検1級や通訳ガイドの国家試験の教本みたいなのは、7割。
(3)、アメリカで生活していた口語で書いたら、8割。

 という正解率だったわけ。私は、アメリカの中学校で指導経験があるし、英検1級や通訳ガイドの国家試験に合格しているから、デタラメではないよ。最初の2回は、高校生の参考書に書いてある講文や単語で書きました。次の2回は、英検の教本みたいに、ちょっと古い口語。最後に、アメリカで使っていた現代英語で書いてみた。

 ボクみたいなものが(無名という意味)大先生(大学教授や大規模予備校講師という意味)の書かれた参考書に文句をつけたって、誰も耳を貸してくれないだろうけど、本当だよ。

 なんせ、Z会は8年間やって徹底的に研究したし、河合や駿台の「京大模試」は10回受けて模範解答をチェックしたもんね。

 英検1級、通訳ガイドの国家試験、国連英検A級、ビジネス英検A級などを持つ英語講師。京都大学を7回受け、英語8割、数学7割。名古屋の河合塾学園、名古屋外国語専門学校などを歴任。アメブロ「受験生」ランキング1位。youtube 動画38万回再生。「英語の資格を取ろう」(法学書院)で紹介されました。アメリカの中学校で英語指導経験あり。少林寺拳法二段、ジャッキー・チェンと一緒にテレビ番組に出たことあり。

ウェブサイト: http://takagi-kyoiku.life.coocan.jp/index.html

Facebook: 100002507170434