2を作って欲しい♡「MERCENARIES」

  by Yukie Shibasaki  Tags :  

テレビ東京午後のロードショーで放映された「MERCENARIES」を観た。

始まってから数分で“当たり”だと思った。(笑)

あらすじ
~アメリカ大統領の娘・エリーズが、パキスタンで武装集団に拉致されてしまう。犯行グループの首領はウルリーカ(ブリジット・ニールセン)という女で、大の男嫌い。男部隊が救出に向かえば、相当な警戒をされてしまう。ということでCIAは女囚人のカサンドラ(ゾーイ・ベル)、キャット(クリスタナ・ローケン)、レイブン(ヴィヴィカ・A・フォックス)、メイリン(ニコール・ビルダーバック)の4人にチームを組ませ、減刑と引き換えに娘の救出を託す~

ということで、登場人物は女性だらけ。 そしてどの姐さんもカッコイイ。(笑)  インパクト大なのはやはりブリジット・ニールセン!

ゾーイ・ベルはスタントウーマンだから、撃たれて高所から落ちるとか、殴ったり殴られたりとかも自分でこなしてるんだよね・・・スゴイ。 ゾーイが出ているせいか、タランティーノっぽく感じられるところがあった。 ポーカーのシーンとか、やらない方がいいのにやっちゃって銃撃戦になっちゃうトコとか、あと他にも色々。(笑)

レイブン役のヴィヴィカは「インデペンデンス・デイ」シリーズに出ている女優さん。 結構有名所が出演している作品なのだ。

エリーズ役のティファニー・バンヒラソンも現地の少女・レキシー役のアレクシス・レイチもなかなか上手な若手女優。

まとめ
男前な姐さんたちの、カッコイイ映画だった。
いつもは男性主人公の映画ばかり観ているYukieもワクワク楽しめた。 もっとこういう女性のアクション映画があればいいのに。

・・・それと、こういうB級作品を放送してくれるテレビ東京にも感謝!

Yukie Shibasaki

現在http://yukieshibasaki.cocolog-nifty.com/blog/でブログを書いてます。良かったら見に来てください!