ウィキペディアの乞食広告がウザい件

  by YELLOW  Tags :  

仕事柄、インターネットでの調べ物が多い筆者ですが、あえて言おう!

「Wikiの乞食広告がウザいねん!!」

無論、利用させて頂いていると言うか、検索すると引っ掛かるので意図せずとも結果的に利用しているのは否めませんが、とにかく広告の内容にイラっとするのでイラっとしたポイントを愚痴らせて頂きます。

「平均で約1500円の寄付を頂き運営しています」

”ウィキペディア”では独立性を守る為に、一切の広告を掲載していないそうです。なので、サーバー等の維持費や人件費を賄う為に”寄付”を募っているとの事……。

なんか某国の某チャンネルみたいな事を言っているのもイラっと来る要素のひとつですが、問題は”平均で約1500円”と言う金額です。

「読者は何億人といますが(略」

と言いながら、寄付される金額の平均を1500円としているのは何故なのか? よほど寄付する人が少ないって事なのでしょうが、どうも金額に納得出来ません。

「今すぐ300円ご援助くだされば1時間で終わります」

寄付される金額の平均は約1500円と名言されています。そして全員が300円払ってくれれば、小一時間で募金は終わるそうです。

読者は何億人も居るそうなのですが、とりあえず読者の数を最低限の1億人として計算します。

「1億×300円=300億円」

300億円があれば、あと一年間は”ウィキペディア”を維持出来ますかそうですか。

”非営利組織”と言いながら300億円も集めて一年間しか続かないって、どんだけの経費を使っているのでしょうか?

確かに役員に莫大な報酬を払っても、会社としては”非営利組織”を名乗る事は出来ますが、ちょっと収支の内訳が想像出来ないですね。

数字がでたらめ過ぎて信用出来ない

最低限の数字でも300億円集まるとして、それで一年しか続けられない組織って一体……。

どうも平均で1500円とか、最低でも300円欲しいとか言う数字が適当過ぎて信用出来ないのは筆者だけでしょうか?

まず端数を端折ったとしても金額的に”区切りが良すぎる”と思うし、適当に100円単位で

「こんくらい集まればウハウハかな?」

みたいな”どんぶり勘定”が見え隠れするので、どうも寄付する気分になりません。

仮にこの数字が正しいのであれば、ユーロでもUSドルでも同じ金額になるはずですが、このキリの良い数字を見た限りでは、その可能性は無さそうです。

恐らくアメリカなら10ドルとか、結局は”キリの良い数字”を出しているんじゃないでしょうか?

だとすれば、すでに「平均で300円集めれば1時間で終わる」と言う”平均300円”の根拠は嘘になります。

寄付を募る為の”広告”を出す度に信用が下がる件

本当に”非営利組織”であれば、寄付金と維持費などの収支を公表するべきだと思う筆者です。300億円集めて一年しか活動出来ないとか、ちょっと考えられないので

「なんで300円欲しいのか?」

みたいなのを具体的な資料と共に公表した上で、寄付金を募るのが正解ではないでしょうか?

”ウィキペディア”を維持する為に必要な経費も知らせず、ただ300円寄こせってのは乞食以下だと思う筆者です。

と、言う訳で別に”ウィキペディア”が無くなっても、どうせ似たようなサイトが作られるので、利用者としては困らないと思う筆者ですが、もしも次に”寄付金”を募る機会があるのなら、是非とも収支の内訳を開示して欲しいですね。

そしたら筆者も惜しまず募金に協力しようと思います。

酒と料理に情熱と脂肪を燃やすフリーライター ”日の丸構図で寄りまくる!”と言う素人写真を武器に暗躍する。美味しい料理を世界にバラ撒く”飯テロリスト”として各国の情報機関にブックマークされたが反省はしていない。 取材依頼(新店舗、新メニューのPR)その他記事の執筆依頼は下記のメールアドレスまでお願いします! mc_yellow@nifty.com なんとなく作ったサイトも絶賛稼働中! http://foodnews.jp/

ウェブサイト: http://foodnews.jp/

Twitter: mossberg835