どうして、Z会の添削は心に響かないのか。どうして、東進衛星予備校はダメになったのか。

  by takagishigemi  Tags :  


どうして、Z会の添削は心に響かないのか。東進衛星予備校がダメになったのか。

  私は自分で通信添削をすると決めた日から、8年間「Z会」の京大即応を受講し続けた。自分の最大のライバルはZ会になると予想していたから、「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」だと思ったわけです。忘れた頃に返却される対応の遅さは、致命的でしたが、それもネットの普及で郵送期間くらいは短縮されるでしょう。
  しかし、一番の問題はそこではないことが分かった。押してある朱印の名前が毎回変わる。つまり、主治医がいない。担当が毎回変わる。これは、問題です。主治医がいなければ、時間経過による変化が分からない。毎回、初対面だから添削する方も、その人に即したアドバイスではなくて、大量生産・大量販売のようなステレオ・タイプの処理になってしまう。
  つまり、Z会の用意した問題。どうせ、全てが同じ問題なのだから、マニュアルのような「模範解答」「模範アドバイス」を用意してあって、そのとおりに、機械的に処理されているのがミエミエなのです。Z会は、有名で大きくなりすぎた。受講生が増え過ぎた。だから、採点者も大勢用意する必要がある。
  でもね、それでは 「Yahoo 質問箱」と何も変わらない。どこの誰が回答しているのか分からない。考えてほしい。「京大即応」コースって、京大受験生が集まってきます。添削者は、その受験生より桁違いに英語力がないとダメですよね。単純に京大合格者では、力量不足。ヘタをすると(特に、医学部受験生の場合は、ほとんど)受験生の英語力の方が上。
  では、英検1級とか、通訳ガイドの国家試験の合格者なら、どうか。
  そんな人を、大勢集めるのは至難の技だし、実用英語と受験英語は微妙に違う。
  東進衛星予備校も、事情は同じだ。最初は、「地方には良い講師がいないから、中央の一流講師の授業をDVDで見せたらどうか」というコンセプトだった。でもね、その時も「講師の経歴はナゾだった」。Z会の添削者が、「Yahoo 質問箱」の解答者と何が違うのか分からないのと同様に、東進衛星予備校の講師も、Youtube の無料動画の授業と何がちがうのか分からない。
  トライの無料授業や、受験サプリなど、いっぱい流通しているが、講師は大丈夫なのか?
  結論を言う。「システムより、人だ」。
  たとえば、京大医学部を受けるのなら、二次試験で8割くらいをめざす必要がある。しかし、京大のボーダーは医学部以外は、65%くらい。とても、足りない。では、京大医学部を卒業したレベルの添削者をZ会の規模で集められるのか。物理的に不可能。京大医学部を出て、添削バイトをする人などいない。ビデオ授業をする人はいない。
  「ここ間違いですよ。模範解答は、これですよ。がんばって!」みたいなマニュアルでは、京大合格はムリ。
  だから、私は、

1、英検1級、通訳ガイドの国家試験、国連英検A級、ビジネス英検A級合格。
2、実際に京大を7回受けて、8割を越える実力があることを、成績開示で示す。
3、指導した生徒が、京大医学部、阪大医学部、名大医学部に合格する。

  という3つの目的を設定し、実現させた。もちろん、大量処理などしない。10名限定で、主治医のように添削させてもらっている。私は知名度だけで指導者を決めるような迂闊な生徒は要らない。通塾生もいるし、子供たちは独立したし、贅沢したくもない。年金もある。

 英検1級、通訳ガイドの国家試験、国連英検A級、ビジネス英検A級などを持つ英語講師。京都大学を7回受け、英語8割、数学7割。名古屋の河合塾学園、名古屋外国語専門学校などを歴任。アメブロ「受験生」ランキング1位。youtube 動画38万回再生。「英語の資格を取ろう」(法学書院)で紹介されました。アメリカの中学校で英語指導経験あり。少林寺拳法二段、ジャッキー・チェンと一緒にテレビ番組に出たことあり。

ウェブサイト: http://takagi-kyoiku.life.coocan.jp/index.html

Facebook: 100002507170434