ボクには、友達がいない(必要?)(4)

  by takagishigemi  Tags :  


ボクには、友達がいない(必要?) (4)

  若い子は、慰安旅行や社員旅行を嫌って、参加者がどんどん減っている。私は、もはや若くないけれど、強制はイヤ。職場など、たまたま集まっているだけで、関わりたくない相手も多い。そんな相手と旅行なんて、拷問に等しい。

  隣近所だって同じこと。たまたま住居が近いというだけで、気の合う相手でないことの方が多い。ご近所トラブルの多さを見れば分かるだろうに。無理して仲良くさせることなど出来るはずがない。距離を置かないと、殺人さえ起こりかねないのが現実。

  ところが、学校では左翼の教師が、調査書をちらつかせながら、何がなんでも「班」を組ませて助け合うように強制する。これでは、イジメを誘発するのは当たり前だ。

  社員旅行を強制するのは、労働基準法違反だから強制はできない。労働者の権利は守られる。しかし、中学生や高校生は教師の横暴を止めることが出来ない。塾生の嘆きの声をよく聞くのだ。

■お互いに強制し合っている?!(内田良)

中学校や高校では、平日の朝夕はもちろんのこと、土日祝日まで部活動を実施しているところは少なくない。「土日にまで、なんで部活動やるの?」と先生に尋ねると、「生徒がやりたがるから…」という答えが返ってくる。他方で、生徒に同じことを尋ねると、「先生が、“やるぞ”と言うから」だという。なんだか、不思議なことが起きている。部活動ありきの世界では、教員と生徒がお互いに、あるいは教員の間や生徒の間でもお互いに、「みんなやりたいと思っている」と勘違いしているだけなのではないだろうか。

  ボクは、友達がいない。それは、慰安旅行も、クラブ活動も好きではないからだ。誤解を生むといけないので、書いておくが、私は中学時代は体操部、大学時代は少林寺拳法部だった。

  個人競技ばかりで、チームワークが必要ではないから。仲間とつるむのが苦手というか嫌いなのだ。そういう生徒は、少なからずいるのに、ムリやり形だけの仲良しゴッコを強制、演出しようとする教師が嫌いだった。偽善者。

  そんなことをさせるから、この町を捨てて出て行く若者が増えるのだろう。

  アメリカのローガン中学校が快かったのは、日本と違い個人主義が徹底しているからだ。みんな好きなことをする自由が保障されているからだ。日本のように、長時間生徒を縛ったりしない。午後二時半になったら、学校には誰もいなかった。

  どうして法律で決まっていない放課後の過ごし方まで、学校が干渉するのだろう。越権行為ではないか。同じ教師仲間から、違法だと抗議が来ているではないか。

  こんなことを言うから、私には友達がいない。みんなと違うことを言うと、日本では村八分、干されるのだ。

 英検1級、通訳ガイドの国家試験、国連英検A級、ビジネス英検A級などを持つ英語講師。京都大学を7回受け、英語8割、数学7割。名古屋の河合塾学園、名古屋外国語専門学校などを歴任。アメブロ「受験生」ランキング1位。youtube 動画38万回再生。「英語の資格を取ろう」(法学書院)で紹介されました。アメリカの中学校で英語指導経験あり。少林寺拳法二段、ジャッキー・チェンと一緒にテレビ番組に出たことあり。

ウェブサイト: http://takagi-kyoiku.life.coocan.jp/index.html

Facebook: 100002507170434