前作よりドラマチック「LONDON HAS FALLEN エンド・オブ・キングダム」

  by Yukie Shibasaki  Tags :  

「エンド・オブ・キングダム」を観た!

《前作エンド・オブ・ホワイトハウスとの比較》
*前作には「人を殺し過ぎ」と思った記憶がある。 (一人を除いて)シークレットサービス全員+副大統領+その他が死んでしまう。 殺し過ぎ!  っつーか、アメリカ人がそんなに弱いワケないでしょ。 本作は、そこまで人を殺し“過ぎ”とは思わなかった。

*前作では朝鮮が敵だったが、今回はイラク。 近年のハリウッド映画ではお決まりの悪役。 アメリカと中東はどうしても仲が悪い・良くなりようがない。

*前作はシークレットサービス、マイク・バニング役のジェラード・バトラーの独り舞台だった。 今回はマイクが大統領・イギリスの特殊部隊・MI6のエージェントらと協力して、敵に立ち向かっていくのが良かったね。

*そして、前作よりもドラマ部分が増えた。 マイクと大統領の絆・マイクとリンの友情・マイクに子供が誕生する、等々。

このマイク役は、ジェラード・バトラーにとって当たり役なのだろう。 何か、活き活きと演じている感じ。 強いし。 続編も頑張って!

アーロン・エッカートを観ると、どうしてもトゥーフェイス役(ダークナイト)を思い浮かべてしまう。 前作よりも大統領役が板に付いてきた感じネ。 大統領が処刑されかけるシーンで、泣いてしまった。

そして副大統領役のモーガン・フリーマンには、いつも通り無条件に感動。 アーロンより大統領っぽい・・・?

シークレットサービス長官・リン役のアンジェラ・バセットがかっこ良かった!  ジュディー・デンチのM役並みに・・・とまではいかないが。(笑) リンが亡くなるシーンで、泣いた。 泣きつつも、「マイクの子は娘で、リンと名付けるだろう」と考えていた。 予想は的中!

ビッグ・ベンが爆破されるのを観たのは(映画の中で、ヨ)、「Vフォー・ヴェンデッタ」以来だなぁ。 いつかビッグ・ベンを観に行きたい!  イギリスは建物が素敵だし。

名台詞が2つ出た。(両方ともマイクの台詞)
①「テクノロジーは、バカが使えば無駄になる。」
中東=バカって言っているように感じてしまうんだけど?  バカじゃない人もいるんだけどねぇ。

②「お前らがな、いくらビルを破壊しようと、国旗を燃やそうと、俺の国はこの先1000年安泰だ。」
Yukieはこの台詞を聞いて安心した!  そうでなきゃ困る!  (ジェラードはイギリス人なのだが・・・)

前作を見返してみたいな。
ホワイトハウス、ロンドン、次はどこが陥落する?

Yukie Shibasaki

洋楽・洋画ライターのYukie Shibasakiデス、よろしくお願いします! 好きな映画:トランスフォーマーシリーズ、ミッション・インポッシブルシリーズ、アメコミもの、タランティーノ作品、等々。 好きな♪:BACKSTREET BOYS、QUIETDRIVE、NE-YO、等々。 ♡なこと・もの:スイコレ、サン宝石、ほっぺちゃん、カピバラさん、外食。 理想の男性:Daniel Bruhl。 2017年の抱負「ライブに行きたい! 日本語検定2級を取りたい!」