6月1日から限定発売のギャレット ポップコーン『メキシカン タコス』を食べてみた!

  by 古川 智規  Tags :  


ジャパンフリトレーが展開する「ギャレット ポップコーン ショップス」が、濃厚なチーズコーンをベースにしたうま味たっぷりの日本限定新フレーバー「メキシカン タコス」を6月1日から期間・数量限定で発売を開始した。また限定デザイン缶「Mexican(メキシカン)缶」も同時期に限定発売するという。

そもそも、あまりポップコーンなんかに興味はない。「ポップコーンは映画館で塩味をポリポリ食べるのがいいんだ!」なんて時代遅れ気味なことを思っている記者だったが、いつも行列だと聞いたから余計にげんなりしてしまった。ポップコーンを買うのに行列を作るのか!
食べ物を行列に並んで買うのはあまり主義ではない。ということで、知り合いの女子に「大人気なんでしょ?ついでがあったらでいいから手に入れたおいてよ。ついでに一番人気の売れ筋もお願いね」などと、都合よく押し付けておいたら早速手に入れてきたので、食べてみた。

写真左が今回発売された「メキシカン タコス」と、限定デザイン缶「Mexican 缶」。
なんでも、缶も人気があるのだそうだ。
そして、写真右側が通常販売している中で最も人気があるという「シカゴ ミックス」。
どちらも見た目にはあまり変わらない。

まずは、シカゴミックスから食べてみた。
甘くて素直に美味しい。女子に人気なのが何となくわかるような気がする。
甘いもの好きにはたまらないだろう。サクッとした歯触りも心地よい。

さて、新発売の「メキシカン タコス」はどうだろう。
タコス味というと、コーンチップスのそれは記者もよく食べる。ビールによく合うあのコーンチップスは大好きな方だ。
食べてみると、まさにあの、タコスの味。これはいける。コーンチップスよりも本物っぽい。
ソースのしっとり感をポップコーンが吸い込んだような濃厚な味で、これはおっさんでもビール片手に好んでほおばる味だろう。
ということで、あっという間に缶の中身がなくなってしまった。
前言撤回で、行列してもで食べたいメキシカンタコスのポップコーンであった。

発売期間は7月中旬までで、商品がなくなり次第販売終了となる。日本国内の全6店舗で販売する。
大人数の家飲みでもパーティーでも、2ガロン缶まであるようなので安心だ。
もっとも、2米ガロンと言えば液量で7.57082リットルなので、空き缶は椅子に使えてしまいそうだが。

※写真はすべて記者撮影

乗り物大好き。好奇心旺盛。いいことも悪いこともあるさ。どうせなら知らないことを知って、違う価値観を覗いて、上も下も右も左もそれぞれの立ち位置で一緒に見聞を広げましょう。

Twitter: jj6tje

Facebook: jj6tje