英語の専門家と認められるまでにかかった費用はこれくらい。

  by takagishigemi  Tags :  

京都大学の成績開示
英語の専門家と認められるまでにかかった費用

勉強のできない子から、毎年同じ質問を受ける。

「こうすれば、絶対に解けますか?」

 そのような方法など、この世に存在しない。しかし、無知なのか、分かってやっているのか、塾業界では「こうすれば、誰でも東大に合格できます!」といったキャッチフレーズが飛び交っている。

英検1級に合格する方法もいろいろだ。かかる費用も様々だろう。これは、たまたま私のケースにすぎないことを最初に書いておきます。大学卒業までは、親の援助があるので卒業後から計算してみます。

でも、それも簡単ではない。たとえば、私はアメリカで1年程度中学教師をしていたわけですが、これをどう計算するか。もし、そんなことをせずに、日本で働いていたら100万円ほど貯金できたかもしれない。自宅通勤なら。でも、アパート暮らしなら貯金は貯まらなかっただろう。これは、英語の学習のための費用と言えるのだろうか?

一応、50万円ほど計上しておこう。

帰国後は、1時間6000円の外国人による個人指導を週二回受けていた。月に、交通費を合わせて5万円。年間50万円ほどを、19年間続けた。でも、英検に合格してからは、週一回だったからね。

一応、500万円ほど計上しておこう。

その後、京大を7回受けるまでに、Z会を8年、京大模試を10回、センター試験を10年連続で受けた。京大を受けるのに、受験料、ホテル宿泊代、交通費で1回8万円くらいだから、7回で50万円ほど。Z回は、月平均1万円を8年だけど、徐々に減らしていったから、50万円ほど。

ざっと、計算して100万円くらい計上しておこう。

ここまでで、650万円ほど。これを、塾の机や看板、あるいは宣伝広告料にあてることも出来たわけだ。実際、多くの塾はそうしている。

あるいは、その金額をゴルフ、酒、タバコ、あるいは、女遊びにも使えたわけだ。

しかし、お金だけではなくて英語の勉強には時間がかかるから、そんな遊びに使える時間はなかった。私は、酒、タバコ、ギャンブル、女遊びは嫌いだ。

これは、少数派の生き方らしい。大多数の人たちは、30年にわたって1つのことにお金と時間をかけたりしないようだ。それに、塾を選ぶ時もタレントのCMや、建物が立派なところを選ぶ人が多数派だ。

でもね、勉強ができる子たちは違うんだよ。彼らは多数派と異なる選択をする。現に、私の塾はド田舎にあるけれど毎年「京都大学」の合格者がでる。「四日市高校」の合格者がでる。

  私が小さい頃、忍者の鍛錬法というのがあった。「忍者のようなジャンプ力をつけたかったら、こうしろ」といったノウハウだ。それによると、庭に成長の早い植物を植えろ。そして、それを毎日飛び越えろ。それだけだ。

  小学生の低学年なら、「そうか。植物の成長は遅いから毎日1ミリなら自分も3メールくらいジャンプできそう!」と考える。しかし、30cmくらいまでなら楽勝でも、それ以上伸びてきたら、それが実現不可能だと悟るわけだ(笑)。

  あちこちの塾や予備校で、同じようなキャッチ・コピーが使われている。55段階とかいうやつだ。あるいは、公文のように、プリントを段階的にやっていけば、小学生でも高校レベルの数学がマスターできるというやつ。

  これは、忍者のジャンプ法と同じだ。もともとの数学力までは伸びるけれど、あるレベル以上は、少数派の極めて賢い子だけが到達できる。ほとんどの子は、途中で挫折する。

  そういうことが分かっている子は、勉強を階段のようには考えていない。「段階方式」というのは、誰にでも可能だという前提の理論だけれど、いつの世も京大に合格できるのは、ほんの一握りではないか。

  机が立派だとか、タレントが宣伝していることなど、学力アップに何にも関係ない。どうすれば学力アップが可能か、それを知っている人も、また少数派なのだ。私が、設備ではなくて、英語の勉強に700万円をかける人間だと分かる人は少ない。

  見えないから。この世で本当に価値のあるものは、目に見えない。

勉強ができる子は、一般にファッションや乗る車や住む家に興味を示さない。勉強ができない子ほど、外見を重視して、服装や化粧などばかりに気を配る。実際、私の塾の優秀な理系女子はいつもジャージなのだ。

私は、数学にかけた費用も合わせると1000万円近くを勉強にあててきた。見えないけれど、高級外車に乗っているように感じる子も確かにいる。私の塾は、無名で広告はほとんど出さない。それでも、30年間続いている。

 英検1級、通訳ガイドの国家試験、国連英検A級、ビジネス英検A級などを持つ英語講師。京都大学を7回受け、英語8割、数学7割。名古屋の河合塾学園、名古屋外国語専門学校などを歴任。アメブロ「受験生」ランキング1位。youtube 動画38万回再生。「英語の資格を取ろう」(法学書院)で紹介されました。アメリカの中学校で英語指導経験あり。少林寺拳法二段、ジャッキー・チェンと一緒にテレビ番組に出たことあり。

ウェブサイト: http://takagi-kyoiku.life.coocan.jp/index.html

Facebook: 100002507170434