【5月20日まで】浅草ロック座で上原亜衣の引退興行を観劇してきた

  by taku_m  Tags :  

 人気AV女優の上原亜衣が5月20日の浅草ロック座での公演をもって引退する。大阪在住の筆者は、先日GW休暇中に一人東京観光をしようと1泊2日で東京に滞在し、そのスケジュールに予てから興味のあった、浅草ロック座でのストリップ鑑賞を予定していた。特に熱心な上原亜衣ファンというわけでもなく、偶然訪れたところ、5月1日から20日までの引退興行を知り、特別料金に少しためらいつつも、観劇することにした。
 
 筆者は初めてストリップ劇場に足を踏み入れたが、特にイヤらしい雰囲気はなく、入口には出演者への花やポスターが飾られ、華やかな雰囲気だった。この日は特別興業ということで、入場料は7000円だったが、通常、浅草ロック座の場合は5000円で観劇できるようだ。1日5回同じ公演が行われるが、入場料を払えば何回観ても構わない。(筆者は2回観た)周囲を見渡しても1回で帰るという人の方がむしろ少ないように感じた。
 ちなみに劇場内は写真撮影禁止のため、劇場内の様子など詳しく見たい方は、浅草ロック座の公式ホームページを参照されたい。

 内容について、1景~7景までがあり、それぞれ異なる踊り子さんが主役として登場し、1景あたり約10~15分、中10分の休憩を含み、合計1時間40分の公演となっている。上原亜衣はこの日のトリ、7景での登場となる。(筆者が訪れた5月6日の出演者については以下の写真のとおり)
 

 余談だが、筆者は毎年フジロックフェスティバルに足を運ぶ洋楽ファンなのだが、BjorkやColdplayの音楽がテーマ曲として使われたり、フジロックのTシャツを着た人を見かけたり、ひょっとすると親和性が高いのかもしれない。

 下心8割、知的好奇心2割ぐらいの気持ちで訪れたのだが、踊り子さんのパフォーマンスや体の美しさに目を奪われ、すっかりスケベ心を忘れて拍手を送っていた。それでもトリの上原亜衣のパフォーマンスにはより、釘付けになった。もちろん、今回ストリップに挑むのは初めてということで、素人目にもぎこちなさがある部分もあったのだが、それ以上に、ファンひとりひとりを見つめる視線に引き込まれてしまった。(間違いなく目があった!)筆者個人的には、本当にこれだけで入場料を払ってよかったと思えるものだった。

 記事執筆中の5月15日現在、浅草ロック座の連続大入り記録を更新中のようだ。千秋楽まであとわずか。カップル割、学割などもあるので、男性諸氏だけでなく、女性にもぜひ一度観劇をおすすめしたい。間違いなく価値観の変わる経験となるだろう。

浅草ロック座:http://rockza.net/
上原亜衣公式ブログ:http://blog.livedoor.jp/ueharaai/

記事中の写真はすべて筆者撮影

野外フェスとFMラジオとピザが好きな20代後半の会社員。大好きな夏が近づいてきてはしゃいでいます。大阪府在住。

Twitter: @ms06s_tm