5月7日~8日開催! 神戸のドヤ街を彩る名物イベント『新開地音楽祭』

5月7日、8日に神戸市兵庫区で開催される新開地音楽祭

街中に設置された9ヵ所のステージでさまざまなアーティストが同時進行でライブをおこない、8万人の観客が訪れるという関西でも屈指のフリー音楽イベントだ。

場所柄がまた良い。

新開地と言えば皆が神戸に期待する”お洒落で洗練された”イメージを180度裏切るドヤ街

朝っぱらから千鳥足の中高年男子や競艇施設『ボートピア』に吸い込まれるギャンブラー達がなんとも言えない人生のブルースを奏でている街なのだ。

それを反映して、イベントの看板となってきた過去のメインゲスト達は上田正樹、山本リンダ、尾藤イサオなど、なんともシブい面々。

今年のメインゲスト(7日)もばんばひろふみ&杉田二郎と言うのだからこりゃもう筋金入りだ。

『「いちご白書」をもう一度』、『Sachiko』、『戦争を知らない子供たち』……。

知らない読者は親か祖父母にでも尋ねていただきたいが、時代をいろどったハートフルなヒット曲が楽しめることだろう。

ビンテージ音楽にさほど興味がないという方は各所のステージをめぐり若手の気鋭アーティストを発掘するのもいいし、フリーマーケットや屋台、アート作品展、子供向け遊戯コーナーもおススメだ。

老若男女、お一人様でもカップルでもファミリーでも懐深く受け入れるドヤ街ならではの“バリアフリーなお祭り”だと思う。

※一部の画像を『新開地音楽祭』公式サイトから引用しました
http://shinkaichi.or.jp/ongakusai/

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の誘いにより芸能活動をスタート。 2007年からは田中友直をサウンド・プロデューサーに迎えソロに転向。 代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)など。 近年はテレビ、新聞、ウェブメディアなどの媒体で音楽・芸能評論家としても活躍の幅を広げている。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo