過去の病気ではない結核 警視庁渋谷署19人の警察官が集団感染

  by 松沢直樹  Tags :  

警視庁渋谷署は、昨年末から今月にかけて、被疑者を留置する捜査官官19人が結核に感染していたことを公表しました。
19人のうち、3人が発症し入院しましたが、すでに回復しており、留置されていた方などへの感染拡大は見られないとのことです。

昨年12月、20代の捜査官だ体調を崩し、医療機関を受診。今年1月になって結核に感染していたことがわかり、最終的に19人の感染が確認されました。このうち4人は4月11日になって感染が明らかになり、検査を受けるとともに、治療が必要か医師の判断をまつとのことです。

昨年2月、詐欺事件で60代の男性が留置されていましたが、肺結核でなくなっていたことがわかっており、今回結核への感染があきらかになった19人以外に感染者がいるのではないかという指摘もあるようです。

また、今回の集団感染が発覚したあとも、治療を受けながら勤務に就いていた捜査官もいるとのこと。集団感染に対して2回ミスを重ねた形になります。
不顕性感染(症状は出ないが結核に感染していること)の可能性を広げてしまった可能性もあるため、物議を呼びそうです。
渋谷署の小林仁副署長は、「結核に対する認識が不足していた」とコメントしています。結核自体、過去の病気ではなく、感染者は、毎年必ず発生している病気です。症状が出ないものの感染が広がり(不顕性感染)、ある日、症状が発症することがありえます。
今回の集団感染で、警察職員の方だけでなく、警察署に来訪する方や、留置された方に感染が広がっていなければいいのですが、自体の完全な収束が早く訪れてほしいですね。

※写真はイメージ 足成 http://www.ashinari.com/2010/06/06-337257.php より

福岡県北九州市出身。主な取材フィールドは、フード、医療、社会保障など。近著に「食費革命」「うちの職場は隠れブラックかも」(三五館)」近年は児童文学作品も上梓。連合ユニオン東京・委託労働者ユニオン執行副委員長 

ウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/epsilon-cafe/ http://nomichan2001.cocolog-nifty.com/epsiloncafe/ https://twitter.com/naoki_ma

Twitter: naoki_ma

Facebook: naoki.matsuzawa