武士の聖地は花見の穴場

  by アルナオ  Tags :  


3月30日にBDが発売された「心が叫びたがってるんだ。」などアニメとのコラボが多い西武鉄道では、西武池袋線が100周年を迎えています。
まだ100周年を迎えていない駅の一つ小手指駅から少し離れたところに北野天神社があります。


北野天神社はヤマトタケルに由来し、源頼義・頼家父子や源頼朝・足利尊氏・前田利家・徳川家康・徳川家光といった有名な武士がかかわり歴史を築いてきたとの説明があります。アニメファンがその舞台を聖地として訪れるように、武士が聖地として訪れていた北野天神社ですが、平日ということもありほかに花見客も見当たらず、その分古木に囲まれた幽寂な桜を堪能することができました。


3枚目の写真の左にある桜はヤマトタケルが植えたと伝えられる桜です。4度目のひこばえと書かれていました。
小手指ヶ原の戦い(新田義貞と幕府軍の合戦)などの戦火にさらされながら、古代から生命を繋げてきた桜を前に、人が少ないところで歴史に思いをはせる花見も良いものだと感じました。

何でもかんでも競馬に例えてしまうのが悪い癖なので、競馬は門外漢という皆様には読みにくいかもしれません。逆に競馬好きの皆様は法律経済のあたりがわかりやすくなるかも?