今更聞けない、AKB48!

  by ちゅる  Tags :  

(AKB48の生まれた街、秋葉原)

はじめに

今をときめく(?)スーパーアイドルAKB48

好き嫌いはおいておくとして、今その名を知らない人はいないでしょう。

今回は、流行に乗りたい、深くは知りたくはないけど話題に入るだけの知識がほしいという人の為に

その楽しみ方をライトに提示しようと思います。

飲み会やコンパで話題に置いていかれたくない人、必見です。

 

―その1

[AKB48って何?]

答えは簡単。アイドルです。モーニング娘。やおニャン子クラブを連想してもらえば分かりやすいと思います。ちなみにおニャン子クラブはAKB48と同じく秋元康氏のプロディースによるユニットです。コンセプトは「会いに行けるアイドル」名前のAKBは秋葉原という地名に由来しており、秋葉原の略称、アキバをローマ字で表した際のアルファベットAK(i)B(a)から取られています。ちなみに48ですが、現在メンバーの人数は48人ではありません。ちなみに姉妹ユニットとしてSKE48、NMB48、HKT48などがいます。彼女らも地名の栄や難波、博多などからその名がつけられています。極めつけは、JKT48でジャカルタの頭文字からそのグループ名が命名されています。海外にまで、その勢力を伸ばすとは、恐るべし、48グループ

 

―その2

[何がおもしろいの?]

AKB48の楽しみ方は人それぞれですが、AKB48だからこそ楽しめるものがあります。それは成長を見守るという楽しみ方です。これはAKB48のプロデューサー秋元氏も認めるところですが、彼女らは完璧ではないのです。歌、踊り、そんなアイドルに必須なことを彼女らは必死でがんばります。完璧ではないからこそ、必死でがんばります。そのがんばっているが観ている人たちに共感を呼び起こすそんなユニットがAKB48なのです。今まで世に出るアイドルは多くが完璧なパフォーマーでした。AKB48はその真逆を行きます。これはかつてのおニャン子クラブを彷彿とさせる部分でもあります。軽々とこなすよりもできないものを必死でしているからこそ愛おしい。まるで悲劇のシンデレラ。そんな彼女が今、芸能界という階段をかけあがっています。その変化を、努力を観察し、共感する。それはひとつの楽しみ方ではないでしょうか。

 

―その3

[可愛いだけが見所なの?]

アイドルの楽しみ方の大きな部分は可愛い子たちを眺める、AKB48に関してはその努力している姿を眺めるというものが占めます。

しかし、彼女らの魅力はそれだけではありません。AKB48の楽曲はいわゆるPOPからバラードまでバラエティに富んでいます。そして、一番の魅力はメッセージ性が強い曲を歌っている事です。そのような曲は決して、歌番組のランキングにはでてきません。例をあげるなら「制服が邪魔をする」「軽蔑していた愛情」「否定のレクイエム」などです。社会批判、学歴批判、生の意味、自殺についてなど重くダークなテーマがその詞には書き込まれています。テレビで見る限り彼女らは無邪気です。そんな彼女らが重いテーマを歌い上げる。そこにグッとくるのです。無力さ、ふがいなさ。そこにはまた別の意味での彼女らへの共感が生まれます。

 

―終わりに

どうでしょう。ここまで思うままつづってきましたが、今度の飲み会、コンパでの話題にはなりましたでしょうか。酒の肴にぜひ、流行を取り入れてはみませんか。この春の新歓コンパや歓迎会で人気者まちがいなし!曲と共に踊りを覚えて披露すると、ウケますよ。

 

文章を書くことが好きで、ずっと書き続けています。 センテンスの短い文章を書くことに定評があります。 いつもわくわくを胸に。 mail:tyurunnu@livedoor.com