町中が笑いに包まれる『第6回 高円寺演芸まつり』開催中

  by keisen  Tags :  


東京都杉並区で『第6回 高円寺演芸まつり』が、2月5日から開催されている。

高円寺で行われるイベントと言えば、夏に行われる『高円寺阿波踊り』や、秋の『高円寺フェス』が有名だが、今年6回目となる『高円寺演芸まつり』も、かなりの賑わいだ。

庚申文化会館や座・高円寺のようなホールばかりでなく、長善寺や氷川神社などの寺社を始め、一般の商店なども舞台としており、町のアチコチで寄席が開かれている格好だ。

期間中に、42会場で76公演を開催し、100人以上の演者が登壇する。料金が500円からと低めなのもうれしい限り。

6日には、庚申文化会館で立川吉笑さんと立川笑二さんが登壇。2人の前には、立川談笑師匠に入門したばかりの立川笑ん(しょーん)さんが登壇。吉笑さん曰く、笑んさんは今回が2回目の高座とのこと。

銭湯「小杉湯」では、三遊亭歌太郎さんと東京ガールズの2人(柳家紫文師匠の代演)が登壇し、営業を3時に控えたお湯の熱気とともに、集まった観客を熱くした。

庚申通り商店街の店頭には、落語家の似顔絵や落語をテーマにしたイラストを「こうしん通り寄席描きアート展」として展示しており、道行く人が足を止めていた。



『高円寺演芸まつり』は14日まで開催。

第6回高円寺演芸まつりサイト
http://www.koenji-engei.com/2016/

※写真は著者撮影

証券会社勤務を経てライター業に。 日々、こぼれたものを書いていこうと思います。