相談を早めに切り上げた方が良い相手の5つの特徴

  by ダイジョウ部  Tags :  

あなたは悩みがあって誰かに相談したのに、余計に傷ついた上に恥をかかされたりして打ちのめされたことはありませんか?
心のリスクヘッジのためにも、あなたを傷つける相手に容易に相談などすることのないようにしたいですね。

相談相手にしたくない相手の特徴

相談するときに避けたいタイプの方をこちらで紹介します。

1.一般論を言ってくる

「普通は~でしょう」「仕方ないよ」

自分の意見はないし、責任も持ちたくない気持ちがあります。
人それぞれに対処の方法は違うはずなので、それを1つの答えでまとめようとするのは、あまりにも雑すぎます。

2.自分の経験を言ってくる

「私の経験では・・」「私が若い頃にはね・・」

自分の自慢話がしたい気持ちが出ています。このような方は自分に自信があるので、自分のやり方を押し付けようとします。自分の経験が全て相手に当てはまるわけではありません。

3.とりあえず否定する癖がある

「でもね・・じゃない?」「そうは言うけどさー」

これもよくありますよね。これは、相手をダメと認定することにより、自分を主張したい気持ちのあらわれです。
とにかく否定することが目的なので、何を言っても無駄になります。

2.自分の経験を言ってくる

「私の経験では・・」「私が若い頃にはね・・」

自分の自慢話がしたい気持ちが出ています。このような方は自分に自信があるので、自分のやり方を押し付けようとします。自分の経験が全て相手に当てはまるわけではありません。

4.自己中心的

「わかるわかる、私もさー」と自分の話へ

このような方は、自分のことが精一杯で「自分が聞いて欲しい」わけです。
このような方へいくら相談をしても、自分の話へ方向転換されてしまいます。

5.相談を聞ける状況ではない

「え?私なんかに相談?」

相談された方も問題を抱えていて、人に何かをしてあげるという余裕がない場合。これは仕方がないですが、本人の問題解決を先にしてもらわないとダメですね。

相談相手に選びたい相手の特徴

では、上記とは逆に相談相手に選びたい相手というのは、どんな方なのでしょう?

1.あなたの話の邪魔をしない

邪魔をされないので、言いたいことが言えるので、心置きなく相談ができます。

2.あなたの状況や気持ちを聞く

とくに気持ちを聞いてもらえるとスッキリします。

3.あなたの状況や気持ちを理解しようとする

とりあえず自分の意見や価値観は置いておいて、相手の状況や気持ちを理解しようとしてくれたのなら、相談した方はきっと感動すると思います。

このような相手が見つかると良いですね。なかなかいないと思いますが・・・

また、以下のような方法で相談相手を選ぶこともできます。

相談内容で男性・女性を分ける方法

悩んでいる女性の方などに多いのですが、とにかく気持ちを聞いて欲しい、愚痴を聞いて欲しいというような場合は、女性もしくは情緒的な男性に相談するとあなたの気持ちを理解してくれます。

~ストレス過多の場合、もしくは解決は自分でしたい方は女性(情緒的な男性)に相談しましょう。~

●相談したい人「ねぇ聞いて、聞いて!」
○女性(情緒的な男性)「どうしたの?」

失敗例としては、気持ちを話す心の準備がないのに、根ほり葉ほり気持ちなどを探られた、と感じる危険もあります。

《失敗例》
○女性(情緒的な男性)「どうしたの?悩みあるんじゃない?もしかして・・」
●相談したい人「いえ、私はそんな・・(おせっかいな人だなー)」

逆にすぐに答えが欲しい場合は、男性もしくは論理的な女性に相談すると、すぐに的確な答えがもらえるでしょう。
~悩みが浅い場合、ハウツーが欲しい場合は、間違いなく男性(論理的な女性)に相談しましょう。~

●相談したい人「ちょっと教えて欲しいのですが・・」
○男性(論理的な女性)「あ、OK!簡単だよ・・」

失敗例としては、気持ちを聞いて欲しいのに、すぐに方法論や解決策を言われてガッカリした経験はないでしょうか。

《失敗例》
●相談したい人「ひどいと思いませんか?」
○男性(論理的な女性)「あ、そんなタイプの人にはこうしたら良いよ・・」
●相談したい人「(まずは、気持ちを聞いてよー)」

相談相手を選ぶことが大事

このように、相談相手を選択するというのはとても大事なことなのです。
だから、親密度や仕事の立場柄だけで相談相手を決めてはいけません。

ところで、「モモ」という童話をご存知ですか?
モモは言葉を発することができません。でも、モモの元には多くの人が相談にくるのです。

モモに話を聞いてもらっていると、どうしてよいかわからずに思いまよっていた人は、きゅうにじぶんの意思がはっきりしてきます。
ひっこみ思案の人には、きゅうに目のまえがひらけ、勇気が出てきます。
不幸な人、なやみのある人には、希望とあかるさがわいてきます。参照:「モモ」より

このように、本当の意味での悩み相談というのは、素敵なアドバイスをすることでないのです。

素敵なアドバイスをしたくなるのは、相談された方のエゴ。そのエゴがある限り目の前の悩める人の話は純粋な気持ちでは聞けないのです。

ですから、アドバイスを考えたり、言ったりする前に、まずは相手の気持ちを一緒に味わうことが大事なのです。

また、悩みの相談は、相手から答えを引き出すことが目的なのではなく、すでに自分の中にある答えを出してあげる応援と、その決意や行動を応援してあげることなんです。

つまり、一時的に落ちた自信を回復させてあげること・・これが悩み相談の本当の目的なのです。

 
だからペラペラと得意気に持論を繰り広げるような人は、最も相談相手に不適切な相手なのです。よくありがちですが・・
そんな相手に自分の弱い部分を容易にさらしてはダメです。
日頃からあなたの自信を回復させてくれている相手を相談相手に選びましょう。

自らの生きにくさの経験によって幼児期からの心の育て方の重要性を伝えるカウンセラー

ウェブサイト: http://kanjyou.click