声優&アーティストの合わせ技! ”アニメ紅白歌合戦 Vol.5″で見せたコラボレーションに称賛の嵐

  by バラン野島  Tags :  


 2016年1月31日(日)国立代々木競技場第一体育館にて、『ニッポン放送 LIVE EXPO TOKYO 2016 ミューコミ+プラスpresents アニメ紅白歌合戦 Vol.5』が開催されました。”アニメおたく”と公言するニッポン放送の吉田尚記アナウンサーがパーソナリティを担当するアニメ・音楽情報番組『ミューコミ+プラス』の主催イベント。毎年、声優やアーティスト、ロックバンドなどが集結し、歌あり、企画あり、コラボレーションありのパフォーマンスを繰りひろげています。そんなアニメ紅白歌合戦も今年で5回目! そこで、そんなアニメ紅白歌合戦がどんなイベントなのか徹底取材してきました。


 「アニメ紅白歌合戦ってどんなイベント?」という方もいるかと思います。アニメ紅白歌合戦とは、1983年に日本アニメ大賞実行委員会が開催した”日本アニメフェスティバル’83″の開催がはじまり。それから29年の時を経て、2012年からはミューコミ+プラスの主催イベントとして開催されました。ミューコミ+プラスとしては5回目の開催となるアニメイベントで、最も旬な声優・アーティスト、バンドグループなどが盛り上がるステージを見せてくれるイベントとなっています。今年は、紅組からスフィア(司会)/i☆Ris蒼井翔太竹達彩奈中川翔子松井玲奈、白組から吉田尚記アナウンサー(司会)/KEYTALKグッドモーニングアメリカ田所あずさTrySailももいろクローバーZ、の出演でした。今回は、その中からひときわ異彩を放ったコラボユニットをピックアップしてみましょう!


 ”しょこたん”の愛称で知られる女性マルチタレントの中川翔子さんと女優・声優の松井玲奈さん、そして、声優・アーティストの竹達彩奈さんの3人から成るコラボユニット『なかまつたけ』。ミューコミ+プラスの番組内で共演し、意気投合した彼女たちの共通点は、”人見知り“という点です。タイトルコールを不安そうな3人の声で告げられ、ステージに登場するなかまつたけ。登場するやいなや、中川さんが「さっきのタイトルコール、普通に元気いっぱいバージョンと人見知りを全部解放したバージョンの2つを録ったのに、まさか全力人見知りバージョンを使われるとは……⁉」としどろもどろな姿を見せました。


 そんな3人が国立代々木競技場第一体育館のステージで、自分たちのことを知らない1万人の前でトーク&ライブを披露したらどんな状況になるか⁉ をテーマにした苦行のような企画を実行。3人とも緊張のあまり、黙りこくってしまうのではないかと心配し、天の声としてボイス参加していた吉田アナウンサーだったけれど、「3人ともしゃべらないのかと思ったら、今日すごいしゃっべってる⁉」と、人見知らずな司会者をも驚かせるトークに会場からも笑い声が飛び交いました。そんな3人にミューコミ+プラス番組リスナーから『人見知りと感じるのはどんなときですか?』という質問が届きます。そんな質問に「今日!今日!! このイベントって初めましての方もたくさんいますから挙動不審ですよ!」と即答する竹達さん。松井さんも「楽屋あいさつとかで、どこ見てどれくらい話せばいいのかわからなくて、ずっと挙動不審でした」と自分の人見知りさを熱弁しました。もはやプロレベルのクオリティを持つ3人の姿にさすがのオーディエンスも置いてけぼり状態に。


 そんな3人でしたが、ライブコーナーに突入すると一変! 中川翔子さんの代表曲とも言える『空色デイズ』を3人で歌い上げます。中川翔子さんと仲のいい竹達彩奈さんと中川翔子さんに憧れを抱いている松井玲奈さんにとって、至福の時間になったのではないでしょうか。そして、オーディエンスにとっても一夜限りのコラボレーションに気持ちが高ぶったのではないでしょうか⁉

 そして”アニメ紅白歌合戦 Vol.5″の勝敗を決める時間がやってきました。今年も審査員は、アメリカ最大のアニメイベント『Anime Expo』最高経営責任者のマーク・ペレズさんとヨーロッパの日本文化フェスティバル『Japan Expo』のイベント日本代表のファブリス・ビュオンさん。審査の結果、去年に続き紅組に軍配が上がり、”アニメ紅白歌合戦 Vol.5″が大盛況のなか幕を下ろしました。

 番組ならではの企画や他のイベントでは見ることのできないアーティスト同士のコラボレーションなど、独自路線を走り抜けるアニメ紅白歌合戦。終演後のメインモニターに、2017年2月5日(日)国立代々木競技場第一体育館にて”アニメ紅白歌合戦 Vol.6″開催決定も発表されました。2017年にはいったいどのようなイベントをオーディエンスに見せてくれるのでしょうか? また、今年以上の新しい面白さをどのような形でファンに届けてくれるのでしょうか? 期待と興奮を胸にしまって、国立代々木競技場第一体育館を後にします。

※画像はライブ公式提供写真より

ニュース記者。誌面・ウェブでライター活動中。主にアニメ、音楽、イベント取材をしていますが、舞台・ミュージカルなどの特集やアーティスト、役者、クリエイター‥など、いろいろな方々のインタビューも行っています!

Twitter: @tkrtmi

Facebook: ryosuke.nojima