厳冬だが花粉は2月から飛散が本格的になる?

  by 松沢直樹  Tags :  

日本気象協会の「2016年の春の花粉飛散予測第3報」によると、なんと、2月に入る頃には、北海道を除くほとんどの地域で、花粉の飛散がはじまりそうです。

今年は暖冬といわれていましたが、ここに来て、急激な冷え込みが猛威をふるっています。

とはいえ、あまり知られていませんが、スギやヒノキの雄花は、咲き始めてしまえば、気温に影響なく、美にリール袋に詰め等得るほどの大量の花粉が一気に飛散します。

そういったことを考えると、今の時期から対策をはじめるのは、花粉アレルギーの既往症がある方にとって、快適な春先を過ごすために、とても重要といえます。

花粉症の既往症がある方は、主治医に相談し、ザジテン(フマル酸ケトチフェン)や、ステロイド吸入薬などといった必要なお薬を処方していただいて、早めのうちから対策を行うのが重要です。

また、外出後は、腕や手のひらに花粉が残らないように、入浴やシャワー、うがいなどを励行するとよいでしょう。

まずは、本格的なシーズンになる前に主治医に相談して対策をしつつ、花粉を体に残さない工夫をする。これに尽きるようです。

※写真はイメージ 足成より http://www.ashinari.com/2014/03/16-387091.php

福岡県北九州市出身。主な取材フィールドは、フード、医療、社会保障など。近著に「食費革命」「うちの職場は隠れブラックかも」(三五館)」近年は児童文学作品も上梓。連合ユニオン東京・委託労働者ユニオン執行副委員長 

ウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/epsilon-cafe/ http://nomichan2001.cocolog-nifty.com/epsiloncafe/ https://twitter.com/naoki_ma

Twitter: naoki_ma

Facebook: naoki.matsuzawa