日本武道館でアーティストが熱唱! ”リスアニ!LIVE 2016 SUNDAY STAGE”で披露したパフォーマンスにファンも大絶賛

  by バラン野島  Tags :  


 2016年1月24日(日)日本武道館で開催された“リスアニ!LIVE 2016 SUNDAY STAGE”の模様を紹介します。

20代若者必見! 日本武道館を震わせた”リスアニ!LIVE 2016 SATURDAY STAGE”の熱狂に密着!![リンク]

 “リスアニ!LIVE 2016 SATURDAY STAGE”を大盛況で終わらせた翌日“SUNDAY STAGE”が開催されました。出演アーティストは、内田真礼・Aimer(エメ)・川田まみ・TrySail(トライセイル)・fripSide(フリップサイド)・LiSA(リサ)・綾野ましろの7組。昨日に引き続き、各アーティストならではの歌声と盛り上がりを日本武道館のステージで披露します。

 ”SUNDAY STAGE”のトップバッターを務めたのが、テレビアニメ・とある科学の超電磁砲<レールガン>主題歌を担当しているfripSideです。音楽プロデューサー・ミュージシャンの八木沼悟志さんと声優アーティスト・南條愛乃さんで結成されたユニット。2015年は全国8ヵ所のツアーを行っただけでなく、カウントダウンライブも開催したほどの活躍ぶりです。3年連続の出場を果たしたfripSideですが、出番と同時にメインモニターに、『今回はレールガンを歌わない!』と発表! 動揺を隠せないオーディエンスを前に、颯爽と登場し、テレビアニメ・終わりのセラフ名古屋決戦編オープニングテーマ『Two souls -toward the truth-』など、可愛い容姿からは想像出来ない力強い歌声を響かせるなんちゃん。ラストには、歌わないと言っていたレールガンをサプライズで歌うというオーディエンスには嬉しいドッキリも用意してくれました。そんな嬉し楽しいパフォーマンスを繰り広げるfripSideだからこそ、応援するファンは増えているのではないでしょうか。


 『第2回ミュージックレインスーパー声優オーディション』に合格し、目覚ましい活躍を見せる声優ユニット・TrySail。メンバーは、ミュージックレイン所属の麻倉もも、雨宮天、夏川椎菜の3人です。2015年には単独ライブやイベントなどを開催するなど、少しずつ活動範囲を広げていき、遂に『リスアニ!LIVE』のステージで歌を披露することが出来ました。3人とも白衣装で登場し、まるで雪の妖精をイメージしたかのような可愛さと和やかさでオーディエンスを楽しませます。そんな彼女たちがテレビアニメ・Classroom☆Crisisオープニングテーマ『コバルト』で、それまで見せていた可愛さとは打って変わって、カッコよさをアピールしました。そんなギャップが3人の魅力の1つとしてファンから人気を集めているのかもしれません。


 2010年に声優としてデビューし、ヒロイン役として活躍をしている内田真礼さん(以下 まややん)。アーティストとしても人気を集めており、テレビアニメ・悪魔のリドル主題歌『創傷イノセンス』を武道館でも熱唱し、ロックな曲調とカッコカワイイ要素を併せ持ったスタイルでオーディエンスを魅了します。そんなまややんが、2016年の目標として「みんなで共に頑張る『共力』」を掲げました。一人ではなく、みんなで頑張るという意味を込めた『共力』という言葉に、会場から歓声が起こります。そんなまややんが2016年はどんな活動でファンを驚かせてくれるのか注目していきたい!!


 2014年にテレビアニメ・Fate/stay night [Unlimited Blade Works]オープニングテーマ『ideal white』でデビューした新進気鋭のアーティスト・綾野ましろさん(以下 ましろさん)。北海道の白い雪をイメージして名付けられたましろさんは、とてもハツラツな姿勢と歌声で聞く人を笑顔にさせてくれます。リスアニ!LIVEではパソコンゲーム・ガンスリンガー ストラトス リローデッド主題歌『infinity beyond』をはじめ、連続で3曲を歌い上げ、スピード感のある歌声で会場の熱気を急上昇させました。ライブ後のMCでは、「たくさんの人の支えがあってここに立つことができました! ありがとうございます!」と、涙ながらにコメント。2016年にはセカンドワンマンライブの開催も決まっているましろさん。これからの彼女のまっすぐな気持ちのこもった歌に要注目です!


 2011年に『六等星の夜』でメジャーデビューを果たしたシンガーソングライター・Aimerさん。白い衣装に身をまとって、機動戦士ガンダムUC episode7主題歌『虹の彼方に』をはじめ、魅力的で透きとおった歌声を響かせてくれます。はたから聞いていても気持ちが伝わり、Aimerさん自らMCで、「心を込めて歌います」とありのままの思いをオーディエンスに表現してくれました。まるでコンサートさながらのような静けさを作りだし、8000人の心を射止めたAimerさんの美声に思わず聞きほれてしまいます。そして何より、歌い終わるたびに深々とお辞儀をする姿勢に人間性を感じさせられました。2016年のライブツアーでも、Aimerさんの思いが多くの人に届いてほしいと思います。


 2011年にソロデビューを果たしてから、とどまる所を知らないアーティスト・LiSAさん。『リスアニ!LIVE』を皆勤で出場している彼女が登場すると同時に、会場中がピンクのサイリウム一色で彩られます。テレビアニメ・魔法科高校の劣等生オープニングテーマ『Rising Hope』など、活気ある曲でオーディエンスをあおる姿は、さながらロックフェスのような雰囲気でした。そんなLiSAさんにならえと、日本武道館一丸となって声援を送ります。MCで、「今日生きている誰よりも楽しんで、今日のことを忘れないで!」と話すLiSAさんにオーディエンスのテンションは最高潮に達します。2016年はいったいどんな活躍をみせてくれるのか楽しみです。


 ”リスアニ!LIVE 2016 SUNDAY STAGE”のトリを飾ったのは、音楽クリエーター集団・I’veのボーカリストとして2005年に登場し、全世界のアニメ音楽フェスに出場してきたアーティスト・川田まみさん。リスアニ!LIVE第1回目から出場経験のある彼女は、独自のビブラートを駆使した歌で多くのアニメ音楽ファンから支持を得てきました。テレビアニメ・灼眼のシャナ『緋色の空』やとある魔術の禁書目録Ⅱ前期オープニングテーマ『No buts!』などを披露。そんな彼女がMCに11年の活動をもってアーティスト活動を終了すると発表しました。会場からは「引退しないでー!」と動揺を隠せない反応がありましたが、川田まみさんの気持ちと決断、そして応援してくれた人たちの感謝の思いを聞いて、会場いっぱいの拍手が起こります。2016年5月21日(土)TOKYO DOME CITY HALLにて開催される『MAMI KAWADA FINAL F∀N FESTIVAL “F”』に向けて、最後まで全力で駆け抜けてほしいです。

 2日間を通してのアニメ音楽フェスリスアニ!LIVE 2016。今年も実力あるアーティストの皆さんがその歌声を披露してくれました。『リスアニ!LIVE』はアーティストだけでなく、クリエーターの皆さんも成功のために徹夜などを行いながら成功のために奮闘しています。そんな『リスアニ!LIVE』が目指す目標とはいったいなんなのでしょうか? もしかしたら、会場に足を運んでみるとその答えがわかるかもしれません。アーティスト、クリエーター、そしてアニメ音楽ファンが作り出すアニメ音楽フェスの今後に期待しつつ、”リスアニ!LIVE 2016 SUNDAY STAGE”を閉幕しましょう。

※画像はライブ公式提供写真より

ニュース記者。誌面・ウェブでライター活動中。主にアニメ、音楽、イベント取材をしていますが、舞台・ミュージカルなどの特集やアーティスト、役者、クリエイター‥など、いろいろな方々のインタビューも行っています!

Twitter: @tkrtmi

Facebook: ryosuke.nojima