ついにオリーブ牛肉うどんが首都圏上陸 有楽町電気ビルディング@たも屋有楽町店

  by 松沢直樹  Tags :  

以前のレポートで、うどん県こと香川県がオリーブで作った飼料を食べさせた「オリーブ牛」なるプレミアム牛肉があることをお伝えしました。

残念ながら、オリーブ牛は、関西地方に出荷されるケースが大多数で、それ以外の地域では、なかなかご相伴にあずかれない状態が続いておりました。

牛肉というと、冷めると脂分がろうそくのように固まってしまいますよね。
オリーブ牛は、そういったことが全く起きません。
冷めても軟らかく、脂身が独特の甘味すら感じる軟らかい牛肉。
通販でお取り寄せして、すき焼きなどしようものなら1万円は楽に飛ぶお値段。

ところが、オリーブ牛をつかったうどんが、お値段も抑えて東京進出を果たしたというではありませんか。
正真正銘のオリーブ牛肉うどん。
しかも、うどんは、製麺用に適した香川県産の小麦「さぬきの夢」100パーセント使用。
これは、もう取材しにいくしかないでしょう(前回はわざわざ飛行機に乗って取材に行きましたが、今回は山手線です)。

早速、オリーブ牛肉うどんを提供している「たも屋」さんがある有楽町電氣ビルディングへ。

ほんと、有楽町駅の真ん前。有楽町電気ビルディングの地下一階にあります。


こちらの肉うどん(840円)がオリーブ牛を使った肉うどんですね。

店内も落ち着いた雰囲気で、いい感じですね。


しかしまあ、極上のいいお肉を使ったうどんとはいえ、840円というのはちと、考えるお値段という気がしないでもないです。
とはいえ、大将の気合いの入った姿を見ていると、スペシャルメニューをオーダーしたんだから、この価格は当然だなという気がします。

なるほど、これなら840円は割高ではないですよね。
有楽町界隈で、ラーメン食べたら1000円くらい飛ぶお店もありますし。

早速、オリーブ牛からいただきます。
独特な脂の甘味とやわらかさ。たまりません。
牛肉って、独特の臭みがあるじゃないですか。オリーブ牛ってそういった、臭いが全然ないんですよね。
お肉が出汁を含んでいるんでしょうが、どちらも主張しすぎない味におちついているのはさすがです。


さらにもう一口。もう止まりません。

うどんを一気にすすり、出汁を口に含む。
さぬきの夢という特別な小麦で打たれたうどんは、うどんと餅の双生児のようなのどごし。
うどんの舌触りは、餅のようにつるつるとしているのだけれど、歯ごたえが強すぎて飲み込むのが辛いというわけでもありません。

実に絶妙なのどごし。うどんが出汁を絶妙な感じで持ち上げてくれるので、するうすると食べられてしまいます。

と、いうわけであっという間に完食してしまったのですが、よくよくお店を見渡すと様々なメニューが。


大将に聞くと、これからの冬の時期は、あたたまる「しっぽくうどん」も人気なのだそう。

夕刻以降の時間は、お酒も楽しめる居酒屋的なスタイルに変わるそうです。
たも屋さんならではの酒肴を用意されているそう。
仲間内で一杯やって、うどんでしめるというのもよさそうですね。

おすすめは、写真のうどん県名物「骨付き鶏」。
ビールによく合います。その他、日によって、海鮮の酒肴なども用意してありますので、楽しめそうです。
小腹がすいた時、ちょっと一杯やりたいときに最適なお店ですね。

たも屋 有楽町店

住所: 東京都千代田区有楽町1丁目7−1 有楽町電気ビル B1F
電話:03-6269-9864

昼11:00~15:00
夜17:00~23:00
(フードLO22:00、ドリンクLO22:30)
座席数 昼48席、夜58席
定休日 日曜日・祝日

福岡県北九州市出身。主な取材フィールドは、フード、医療、社会保障など。近著に「食費革命」「うちの職場は隠れブラックかも」(三五館)」近年は児童文学作品も上梓。連合ユニオン東京・委託労働者ユニオン執行副委員長 

ウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/epsilon-cafe/ http://nomichan2001.cocolog-nifty.com/epsiloncafe/ https://twitter.com/naoki_ma

Twitter: naoki_ma

Facebook: naoki.matsuzawa