2016年のトレンド:発生しない、5つの予測(1)

  by iikura  Tags :  

 広告ブロッキングは、マーケッタを怖がらせ、混乱させる。 2015年12月15日

 by eMarketer

 2016年も、北米と西欧のユーザは、モバイル・メッセージング・アプリとモバイル・コマースの利用を続けるだろう。

 モバイル・メッセージング・アプリやモバイル・コマースのような、デジタル・トレンhttp://rensai.jp/wp-admin/post-new.phpドは、2016年も、米国と西欧のユーザの視覚性や広告ブロッキング・アプリの使用を促すだろう。

 これは、eMarketerの、2016来年年に起きない、予測である。

1.広告ブロッキングの問題は、2016年にも解決されないだろう。

1)北米と西欧の、7ヵ国における、デスクトップWeb訪問者の年齢別、広告ブロッキング・アプリの使用率、2015年6月  (訪問者の割合(%))

国      18~24才 25~34才  35~44才 45~55才  56~64才  65才以上

フランス    36.1%   28.3%     22.5%    28.1%    27.2%    23.1%
ドイツ      34.8%   25.8%     23.1%    19.8%    20.9%    23.7%
カナダ     30.5%   19.4%     11.5%    16.7%    11.3%     9.7%
スペイン    22.6%   16.3%     9.9%    12.6%    12.6%     12.1%
オランダ    22.4%   15.1%     9.8%    12.7%    14.2%     10.9%
英国      19.8%   13.2%     8.2%    7.7%    7.6%    6.6%
米国      16.2%   11.7%     6.9%    7.4%    7.0%    6.2%

  ソース:comscore and Sourcepoint、2015年9月17日

 広告ブロッキングの問題を解決するための、いくつかのソリューションが出現するが、2016年も、広告ブロッキングの問題に関する、さまざまな討論が展開され、沸騰するだろう。

 何社かの広告代理店は、消費者が、広告をブロックできないようにする、広告やコードを作成する負担を低減させることに取り組むだろう。

 何社かの広告代理店は、広告ブロッキング・アプリを使用している、ユーザへのアクセスを拒否し、需要の多いコンテンツを拒絶している。

 マーケッタは、さまざまなレベルで、広告ブロッキングの問題に固執するだろう。

 このため、マーケッタは、特に、周囲の記事やコンテンツと、あまり違和感を持たせない、ネーティブ広告で、独自の、いくつかの回避策を試みるだろう。

 広告ブロッキングは、デスクトップWebとモバイルWebへ、最も多くの課題を引き起こすが、モバイル・アプリは、より多くの免疫性を持つようになるだろう。

 モバイル・アプリは、多かれ、少なかれ、広告ブロッキングに対する免疫性を持たせるために、モバイル広告制作費用の大半が費やされるだろう。

 Web上のネーティブ広告に加え、FacebookやTwitterのような、SNSプラットフォーム上のネーティブ広告も、ブロックされるようになってきており、さらに、2016年には、一般的な広告もブロックされるようになるだろう。

   (続く)

IT関連のプレスリリースや記事を抄訳し、ブログで提供しています。

ウェブサイト: http://iikurakoichi.cocolog-nifty.com/blog/