もう離れられない!都内の子育てに最適、練馬区石神井公園周辺の魅力

  by yappi  Tags :  

子育てスタートを機に、東京都港区から練馬区石神井公園周辺に引っ越した筆者が、そのおすすめポイントを5つ紹介します。

1.なんといっても、1日中遊べる石神井公園


都内でおすすめの公園として紹介されることも多い都立石神井公園。2つある大きな池ではボートに乗れ、釣りも楽しめます。四季折々の生き物が発見できる豊かな自然に加え、遊具や砂場、芝生の広場まであるんです。乳幼児期のハイハイ遊びから児童期のサッカー練習まで、幅広い年齢のこどもが満足できること間違いなし!石神井公園1か所で、こどもの遊び場には困りません!ちなみにこの写真を撮影した時には、隣で小学生がバスを釣っていました(笑)

2.公共の施設が充実

石神井公園周辺には、区役所(夜間診療所併設)、子育て広場、児童館、男女参画センター、保健所、警察署、図書館、プール、小学校、中学校などがあり、生活環境に恵まれています。育児のイベントや相談が出来る選択肢がたくさんあることで、困ったことがあっても安心。なにより、すべて歩いて行ける近さというのが最高です。

3.安心で新鮮な野菜の直売所

23区で1番畑が多い練馬区。石神井公園周辺には、野菜直売所が点在しています。「ベジタ坊」と称された無人直売所では、練馬区エコ農産物に認証された新鮮な野菜が毎日置いてあります。有人の無農薬野菜の直売所もあり、生産者のおじいちゃんから直接買えるため、息子の笑顔でおまけしてくれたことも。他にも、ブルーベリー狩りができる農園、JA青葉、農場体験ができる場所なども徒歩圏内。大切な我が子へ安心で新鮮な食べ物をあげることができます。

4.おしゃれでグルメな隠れ名店の多さ


石神井公園・井草・井荻・大泉地区を結ぶ「いのいち」というグループがあり、グルメ雑誌に載っている隠れ名店や、おしゃれな雑貨屋さんやギャラリーカフェなど、こどもとお散歩がてらに寄れる素敵なお店がたくさんあります。都心に引けを取らないセンスにも関わらずお財布に優しい“石神井価格”なのも魅力的。一方で、昔ながらの駄菓子屋やお豆腐屋さんなどもあり、新旧混在なのもこの地域の奥深さ。今日はどこに行こうかな、と毎日が楽しみになりますよ!

5.都心に比べて家賃の相場が安い、でも実は交通の便がいい

都内23区において、江戸川区や葛飾区に並び家賃相場が安いとされている練馬区。筆者も、港区1Kの賃貸から、練馬区石神井の3LDKの賃貸に引っ越したところ、家賃が2万円も安くなったという驚きの体験をしました。

また、石神井公園駅は西武池袋線の準特急で池袋から10分、乗り換え1回で新宿まで21分。西武有楽町線に直通の小竹向原までも13分。マイナーだけれど実は交通の便に恵まれている駅でもあるので、働くママの通勤にも便利です。

いかがだったでしょうか?
上記にはおさまらず、可能であれば特集を組んで紹介したいほどおすすめポイントがある石神井公園地域。住めば住むほど石神井に惚れ込んだ筆者がその魅力を伝えたく記事にしてしまいました。が、こんなにアピールしてしまって待機児童が増えてしまうことになってしまったら本末転倒かしら。。。と少し気がかりです(笑)

山梨県出身。私大総合政策学部に在学中に保育士免許取得、卒業後3年間認可保育園にて働く。現在1児の母。得意分野は、海外旅行・保育・教育・育児など。