by syuusakukakizoe  Tags :  

チラシは手書き。

広告は、莫大な費用がかかるため、

そのまま自分の気持ちや思いを、

ドッストレイトに綺麗に書く意識をわすれて、

思いのままに書けば立派なチラシが出来上がる。

字が下手だからや、絵が下手だからと、
書くのを避ける方もいるが、

店主や女将さん、スタッフのこころを、
アナログで伝える事でお店の温かみを伝える事ができる。

そして、

街を歩くことでヒントも生まれかる。

だから、私は月に一度のチラシを作成し、

毎月、スタッフと汗を流し

ポスティング活動を続けた。

すぐに効果は、あがらないが、諦めずに最低、半年は続けて欲しいとおもう。

自分で作成し、配布し、戻りがあった時の嬉しさは、感動レベル。そして、そのお客様にはなぜか温かい感情が生まれ、そう接することで固定顧客となっていく。

私は、大分県の海と山に囲まれた自然豊かな仏の里、豊後高田市で生まれ、小学生の頃、腎臓を悪くし、約1年間入院。中、高校と地元の学校に通い、大学で福岡に。卒業後飲食店に就職し、店長、マネージャーとして9年間働き、現在退職しフリーライターの道を冒険中。飲食店では、月売上昨年対比203日%を達成し、18ヶ月連続昨年対比を更新、その後、別会社のマネージャーに就任。マネージャー業を行いながら、マーケティング、顧客管理、ニュースレター、DM、手書きチラシの作成方法を学び、顧客創造を気づいてきた。また、人間修行の一環として、ハガキ道を毎日行っている。趣味は、ドライブ、釣り。また、プロ野球、メジャーリーグ、サッカーが大好きである。

ウェブサイト: http://kakizoenet.seesaa.net http://blogs.yahoo.co.jp/syuusakukakizoe

Twitter: syuusakukakizoe

Facebook: syuusakukakizoe