【さっぽろタパス】よいどれ記その1

  by Black sky  Tags :  


札幌は朝晩の冷えが厳しいです。
黒です。

昨日はここ数日の中で一番暑く、
昼間外を歩いたら、汗がじんわりにじむほどでした。
そんな日はビールがおいしいよね!!ということで
「さっぽろタパス」参戦して参りました。

さっぽろタパスとは

さっぽろタパスは、食べて 歩いて おいしい札幌を遊ぶ 6日間。
期間中、5片または9片のチケット綴「ボノタパス」を参加飲食店に持っていくと、
チケット1片で「飲み物+タパス(おつまみ/おやつ)」を全店で、
チケット2片で「充実ランチ」を一部参加店で楽しめます。
さらに、専門店での飲食やお持ち帰り、観光・文化施設の利用もOK!
参加店は、フレンチ・スパニッシュ・イタリアンから、バー・バル・バール、和食、多国籍、カフェなどいろいろ。
ワイン・ビールにおつまみ、コーヒー・お茶にスイーツを飲んで食べて、
行きたいお店の魅力を感じる、絶好のチャンスです。

公式ホームページより(http://sapporowalk.com/about/)

こんなの見せられたら、食いしん坊としては行きたくなってしまうのが
ダイエットが明日からになってしまう理由。
ということで、友人のN氏を招集して行ってきました。

チケット・ボノタパス

我々は事前申し込みや前売り券を持っておりませんでしたので、
当日券を購入することにしました。
5枚綴り 前売り券 3,800円
5枚綴り 当日券  4,000円

9枚綴りは前売り券だけの販売で、残念ながら買えませんでしたが、
来年はゲットするべく注視したいと思います。

いざ一軒目へ!

N氏との待ち合わせ場所からお店を決めると、なんと
始まりが「デザート&カクテル」になりました。

お店に入った時点で、ノーゲスト。
さすが火曜日。
狸小路からすぐのビル2階にある「meli melo」さんに入りました。
女性が二人で厨房にいて、内装もブックカフェのようなスタイリッシュさ。

店内のところどころにお花が飾ってあって、
さすがきれいな女性が切り盛りしているお店だと感心しておりました。


チケットちぎるときに
「ここ一軒目ですか?デザートなんですけど大丈夫ですか?」
とお気づかいもいただきましたが、
これが絶品でした。

ハイビスカスの泡と杏仁とアイスと下には皮ごと食べられるブドウ、
一番下にはもう一個なんか入ってたけど忘れた。

一軒目にデザートでも全然いいやというくらいおいしかったです。
むしろ、他のお客さんいなくて落ち着いて食べられて良かったです。

ルール

渡された冊子に
「みんなで譲り合って、長居しないこと」
と書かれていましたので、
「また来ます!」と言ってそそくさと出てきました。

今度ぜひゆっくり行きたい。

それでは、とりあえず一軒目はこんなところで。
二軒目に続く。

meli melo
北海道札幌市中央区南3西3-11 メッセビル 2F
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1042844/

【アイキャッチ画像】さっぽろタパスホームページスクリーンショット(http://sapporowalk.com/)
【写真】筆者撮影

『金なし 職なし 男なし』三十路界のヘレン・ケラー 辛いことも笑いに昇華し、いつの日か親に家を買う日を夢見て日々奮闘いたします。 【日々是白目】 北海道/アラサー/白目/肉/バンド/中国語/英語/韓国語/ダイエット/美肌/美白/美脚/歴史/考古学/建築/お笑い/スイーツ/Wワークなど

ウェブサイト: https://note.mu/blacksky

Twitter: blackkuroshazhi

Facebook: blackkuroshazhi