世界の通信サービス・プロバイダの査定で、NTT Comが、リーダとして評価された。

  by iikura  Tags :  

IDCは、IDC ITMarketScape:世界の通信サービス・プロバイダの査定で、NTT Comを、リーダとして評価した。 2015年7月31日

 NTTグループとして、国際的な通信ビジネスを展開している、NTT Communications(NTT Com)は、同社が、IDCの世界の通信サービス・プロバイダの査定(IDC ITMarketScape Worldwide Telecom Service Provider Vendor Assessment)レポートで、リーダとして評価されたと発表した。

 このレポートは、管理されたWAN、クラウド、コラボレーション、および、セキュリティを含む、サービスの包括的で、グローバルなポートフォリオを提供する能力で、世界12社の主な通信サービス・プロバイダを評価した。

1)「IDC ITMarketScape:世界の通信サービス・プロバイダの評価のグラフ」


 IDCは、世界的な能力と戦略で、世界の通信サービス・プロバイダを査定し、リーダ(AT&T、BT Global Services、NTT Com、Orange、Verizon)、メジャー・プレーヤ(Vodarfone、Telefonica、T-Systems、CenturyLink、Level 3、Telstra)、および、コンテンダ(Teta)にランク付けした。

 NTT Communications(NTT Com)は、「Vision 2015」戦略を展開し、大きく進歩したので、IDC ITMarketScapeの評価で、リーダとして評価された。

 NTT Comは、スマートな買収を通して、組織的に変化しており、多国籍のICTパートナーになることを使命にしている。

 これまでの18ヶ月で、NTT Comは、クラウド、コラボレーション、および、管理されたネットワーク・サービスを含む、魅力的なポートフォリオを構築した。

 最も重要なことは、NTT Comが、地理的に広い範囲をカバーし、強力なサポーティング組織を持つ、代表的なグローバルな、Tier One通信サービス・プロバイダになったことである。

2)IDC ITMarketScape:通信サービス・プロバイダの基準

 主な通信サービス・プロバイダの基準には、従来の音声とデータ・ネットワーキング・サービスから、クラウドやコラボレーション・サービスまで、包括的で、グローバルなポートフォリオを提供する能力が含まれる。

 今回、初めて、IDCは、モバイル・サービス(接続性とアプリケーション管理サービス)を提供する能力を含めた。

 これらの通信サービス・プロバイダは、以下を提供する、グローバルな能力を持たなければならない。

・管理されたWANサービス(IP VPN、セキュリティ、管理されたCPE、ホスティング)

・WAN最適化サービス

・クラウド・サービス(IaaS、SaaSなど)

・コラボレーション・サービス(オーディオ、ビデオ、および、Webベースの多地点TV会議)

・コンサルティング、設計、および、専門サービス

・モバイル接続性、アプリケーション開発、および、デバイス管理

 グローバルで、組織的な、販売とサポート構造は、インクルージョン・プロセスにおける、主な要素である。

 主な基準の1つは、集中されたグローバルなユーザ・アカウントを実装し、一貫性のあるグローバルなユーザ経験を提供するための、世界の通信サービス・プロバイダの能力であった。

 ソース:IDC、「IDC ITMarketScape Worldwide Telecom Service Provider Vendor Assessment」レポート(#257339)、2015年7月

IT関連のプレスリリースや記事を抄訳し、ブログで提供しています。

ウェブサイト: http://iikurakoichi.cocolog-nifty.com/blog/