自動運転車は、事故に遭遇したときのデータを収集しなければならない

  by iikura  Tags :  


 英国の政府によると、自動運転車は、事故に遭遇したときのデータを収集しなければならないという。 2015年7月21日

 By Ania Nussbaum、WSJ

 Lutz Pathfinder Podと呼ばれる、自動運転車の走行実験が、2015年2月に、英国のロンドンで開催された、写真撮影の会見で紹介された。

 英国の政府によると、将来、車は、運転手が不要になるかも知れないが、車が衝突した時のデータを記録するために、飛行機の「フライト・レコーダー」のような装置や、車載コンピューティング・システムへのハッカーの侵入を防ぐためのファイアウォールが必要になるという。

 英国の運輸省によると、自動運転車を、英国の4都市で走行テストするときの、政府の服務規程は、自動車メーカは、収集したデータを、ハッカーに遠隔制御され、搾取されないよう、車のデータを収集するためのソフトウェアのセキュリティに、万全な対策を取らなければならないると規定している。

 英国の運輸省は、自動運転車が、車の速度やブレーキ、走行モード(マニュアルかオートマか)といった、データを記録することを要求している。

 英国の運輸省によると、政府機関の走行テストにおいて、実験者は、自動運転車が、事故に遭遇した時に、補助運転手が、車を制御できるか、および、車載システムのソフトウェアが、車を制御できるかを確認するためのデータを提供しなければならないという。

 車載システムにより収集されたデータは、権限のないアクセスのリスクを管理するために、車載システムに、適切なレベルのセキュリティを組み込まなければならない。

 車は、あらゆる交通ルールに従わなければならず、補助運転手は、自動運転車に同乗し、監督しなければならない。

 英国において、自動運転車をテストしている、コンソシアムのメンバー、AXA Bankは、「この英国の運輸省の服務規程は、データの保護や、サイバー・セキュリティへの対応を保証することにより、一般市民が、自動運転車を受け入れるようになるのを支援するだろう。」と述べた。

 自動運転車のテストは、ブリストル、コヴェントリー、ミルトン・ケインズ、および、グリニッジの英国の自治体において実施されている。

 石油会社のRoyal Dutch Shell、英国のロボット・コンサルタント、Gobotix、および、スペインの通信会社、Telefonicaといった企業と共に、Reedの企業は、グリニッジにおいて、車をテストしている、TRL Consortiumのメンバーである。

 コヴェントリーとミルトン・ケインズで、無人運転車をテストしている、コンソーシアム、UK Autodriveのメンバーには、AXAの他に、コンサルタント会社、Arup、自動車メーカのJaguar Land RoverとFord Motor、および、航空宇宙と防衛の会社、Thalesの英国支社がいる。

 ブリストルにおいて、自動運転車をテストしている、Venturerコンソーシアムの他のメンバーには、車の設計やプロジェクト管理のコンサルタント会社、Atkins、および、エンジニアリング・サービスを提供する、英国の会社、Williams Advanced Engineeringがいる。

 3000万ドル(2000ポンド)の英国政府の最近の基金で、自動運転車の研究が促進され、運輸省の服務規程は、英国を、自動運転技術の最前線に位置付けることを狙っている。

 米国は、自動運転車を、公道でテストできるようにする、服務規程や交通法規を規定した、最初の国である。

 Googleは、カリフォルニア州のマウンテン・ビューと、テキサス州のオースチンの通りを走行する自動運転車で、これまでの5年間に、自動運転車の行動走行テストを実施してきた。

「英国の自動運転車、Lutz Pathfinder Podの走行テストの紹介ビデオ」

IT関連のプレスリリースや記事を抄訳し、ブログで提供しています。

ウェブサイト: http://iikurakoichi.cocolog-nifty.com/blog/