脂!脂!脂! カラダ全体で肉のうま味を感じ取れ

  by kousinnsi  Tags :  

名店『ホルモン青木』に潜入!

ホルモン激戦区亀戸で1,2を争う『ホルモン青木』の実態とは

土日の夕方は、行列が20人を超えて並んでいることもあるこの店。
なぜホルモン焼肉店が多いこの亀戸でこんなにも長蛇の列ができるのか真相に迫るため自ら並んで潜入することにした。

行列に並び約20分、潜入開始!2時間制の説明を受け、
ファーストドリンクの生ビール、あてに『もやしナムル』を注文。


メニューを見ると一番上に『ホルモン』脂超多めと書いてある。なるほどこれが目玉商品なのか。

次に頼んだものは『こめかみ』

ニンニク醤油をつけて食べる。そうすると程よい食感に、肉のうま味が広がる。しつこくなくてとても良い.
なんとクーポンを使えば600円が390円。運よく友人からクーポンを貰っていたので助かった。
他にもクーポン一枚で色々なお肉が割引されるということで次もクーポンの中からチョイス。


『大ちゃん』という謎の部位を注文
これも一人前でこの量である。コリコリとした食感が楽しい部位だ。これは辛みそで注文して正解だった。うーむ。やるではないか『ホルモン青木』量も多く、質も高い。行列ができる理由もわかってきた。
店員さんにあとで部位を聞いてみたが、大ちゃんとは豚の大腸だったらしい。豚のホルモンあなどるなかれ。

名物の『ホルモン』を食べたい気持ちをぐっと抑え、次に頼んだのは『ハツ』

『ハツ』とは心臓の一部である。
この目で見て分かる鮮度。サクサクとちゃんと噛みきれる『ハツ』はなかなかない。
口に残るのが嫌でホルモンが嫌いになった人も多いだろうが、このお店は違う。しっかりと噛みきれるのだ。

そして遂にラスボス『ホルモン』と王道『マルチョウ』を注文。

なんだこの大きさは!度胆を抜かれた。
こんな大胆な大きさで出てくるとは参った。なるほど『ホルモン青木』これを求めて皆並ぶのだな、と納得して焼きはじめた。


見よこの巨大マルチョウを!
焼きあがってもこの大きさである。
覚悟を決めて一口で頬張ると、脂が、脂が口の中いっぱいに!脂の甘さをこんなにも口全体いや身体全体で感じ取ることができるホルモンが今まであっただろうか。
ここで2杯目ビールを飲みきったので、少し気になっていた乳酸菌ハイを注文。

おお!このサッパリとした清涼感。口の中の脂をリセットしてくれ、ホルモンに手が伸びる、伸びる。これは鬼に金棒いや、ホルモンに乳酸菌である。

そしてラスボス『ホルモン』
『マルチョウ』より脂が乗っていてダイレクトで、口いっぱいに広がる。噛まなくても自分の体温、舌の上で広がるこのうま味!まるで脂の中を泳いでいるようだ。

乳酸菌ハイでブーストがかかっていたとはいえ記者の胃は満杯。

ここで打ち止めだ。

いかがだっただろうか。一度は訪れて欲しい名店『ホルモン青木』
行列に並ぶのはツラいという人は友達を誘って4名以上誘って電話予約をするといいだろう。ぜひ脂のうま味を自らの口で体感してほしい。

写真は全て記者が撮影し、掲載許可を頂きました。

生放送チームでスポットとして働かせて頂いていますが、ライターとしても頑張りたいです。得意ジャンルは格闘ゲーム、映画です。

Twitter: kousinnsi