Facebookが、同社のSNSでのオンライン店舗を、再度、テストする。

  by iikura  Tags :  


Facebookが、同社のSNSでのオンライン店舗を、再度、テストする。 2015年7月17日

 By Deepa Seetharaman、WSJ

 Facebookは、ユーザが、同社のSNSサイトで、直接、商品を購入できるようにする方法をテストしている。

 Facebookは、中小規模の会社が、Facebookのページで、商品やサービスを販売できるようにする機能をテストしている。

 この機能は、中小規模の会社が、FacebookのSNSサイトのページに、オンライン店舗を開店し、ユーザが、直接、商品やサービスを検索し、他のユーザのコメントや評価を参考にしながら、商品を購入できるようにする。

 Facebookのスポークスマンは、同社のSNSサイトで、商品を直接販売する、小売業者の数が、2桁増加したという。

 BuzzFeedによると、Facebookのテストは、F-commerceと呼ばれる、Facebookのページに、e-コマース環境を構築することを試みているという。

 Alexaによると、FacebookのSNSサイトを訪問するユーザの数は、世界で2番目に多いという。

 このため、小売業者は、一般的な商品を販売するのに、Facebookを、有利なポータル・サイトとして見ている。

 Facebookは、小売業者の売上から、利ざやを得ていないが、同社のSNSサイトを訪問する、ユーザが多く、広告への到達度が高いので、より広告主を増やし、広告で売上を伸ばすだろう。

 Facebookのオンライン店舗のテストは、e-コマースに、深く取り組んでいる、Google、Pinterest、および、Twitterと共に、Facebookの戦略に反映される。

 オンライン小売業者、ZulilyとEverlaneは、FacebookのMessengerアプリを使用して、注文を追跡している。

 多くのe-コマースの専門家は、Facebookに、「同社のSNSサイトで、広告から売上を上げることから、ユーザが、同社のSNSサイトで、買い物を行うことから、売上を上げることに、ビジネスをシフトするかどうか」を質問した。

 Facebookに、オンライン店舗を開設している、小売業者の数は、明確にしていない。

 Facebookは、以前、e-コマースへの取り組みのいくつかに、失敗している。

 2011年4月に、GameStopは、Facebookに、ビデオ・ゲームを販売する、オンライン店舗を開設したが、利用するユーザが少なかったので、6ヶ月で、静かに、このオンライン店舗を閉鎖した。

 2012年初めに、実施された、マーケティング会社、Bloombergの調査によると、Facebookのユーザは、e-コマースに馴染みがあるという。

 Gap、J.C. Penney、および、Nordstromといった、他の小売業者も、Facebookに、オンライン店舗を開設したが、いつの間にか、閉鎖している。

 以前、Facebookの試みは、Facebookのユーザが、同社のSNSサイトで、ショッピングすることに、馴染みがなかったので、オンライン店舗の取り組みに苦しんでいた。

 過去4年間に、変化したことの1つは、Facebookが、モバイル・デバイスを、さらに重視していることである。

 Cowen & Coのレポートによると、Facebookのユーザの1/3が、モバイル・デバイスで、時間を費やしているという。

 Wall Street Journalによると、Facebookは、Facebookページに活力を与えるために、モバイル・ユーザを対象にしたビジネスにシフトしているという。

 Wall Street Journalによると、Facebookのモバイル・ユーザが、さらに増加しているので、何社かの小売業者は、ニュース・フィード内に広告を出すことで、自分たちのFacebookページへのトラフィックを促すことができ、オンライン店舗に、ユーザを引き付けることができたので、Facebookのページに、正式にオンライン店舗を開設することを、再度、試みているという。

IT関連のプレスリリースや記事を抄訳し、ブログで提供しています。

ウェブサイト: http://iikurakoichi.cocolog-nifty.com/blog/