読前読書録vol.9 朝井リョウ、飛鳥井千砂、越谷オサム、坂木司、徳永圭、似鳥鶏、三上延、吉川トリコ「この部屋で君と」

  by bookglider  Tags :  


 田舎から出てきた僕にとって、都会を感じさせる人だった。華美でなくむしろシンプルなものを身にまとい、淑やかさと同時にどこか官能的な煌きがあった。洗練された美しさというものを初めて知った。そんな彼女の肌に触れた夜の翌朝、池袋に出た。彼女に連れられるがまま訪れた書店は、深い森のようだった。目の前の彼女と同じように静かで激しく、知的な匂いがした。それ以来、なぜだか不思議と池袋に縁がある。仕事に疲れ飲んだくれた夜も、人生の底に沈み眠れずに迎えた朝も、有頂天にはしゃぎ杯を重ねた時も、強い日差しが照りつける中汗を拭ったスーツの日々も、なぜだか池袋がついて回った。そして池袋には、ずっと静かに佇む森のようなその書店があった。都心のまっただ中にありながら、喧騒や忙しい日常から遠く離れるようにそっと。池袋リブロが閉まると聞き、僕は久々に森の中に入った。森はあの時のままだった。君と探した本を、もう一度探してみた。

読後読書録はこちらで↓ http://tobelemonade.blog.so-net.ne.jp/ 読書馬鹿です。スポーツ馬鹿でもあります。 そんな私をどうかよろしく。