スマートフォンやタブレットは、ドキュメントの印刷、スキャン、および、ドキュメント管理の方法を変える。

  by iikura  Tags :  


 IDCによると、スマートフォンやタブレットは、ドキュメントの印刷、スキャン、および、ドキュメント管理の方法を変えるという。 2015年6月15日

 モバイル・ユーザが急増しているので、印刷、スキャン、および、ドキュメント管理の状況は、大きく変化している。

 IDCの新たな調査は、世界の3大陸の6ヶ国をカバーしており、モバイル・デバイスを採用する企業が、成長を続けるための、モバイル・ユーザ向けの、ドキュメント・ソリューションのビジネス機会を提示する。

 大手企業と中堅企業は、この変化を先取りしており、モバイル・ユーザが、従業員の54%を占めているという。

 さらに、6分野(情報技術、卸売り業、金融、生命科学、資源&エネルギー産業、セキュリティ)の企業は、モバイル・ユーザの割合が、際立って高いという。

 企業のモバイル・ユーザの75%は、モバイル・プリンティング関連のビジネスの価値が、PCのプリンティング関連のビジネスの価値と、同程度であると回答した。

 企業のモバイル・ユーザの15%は、モバイル・プリンティング関連のビジネスの価値が、PCのプリンティング関連のビジネスの価値よりも、大きいと回答した。

 企業のモバイル・ユーザの32~57%は、企業における変化のトップ4は、ドキュメント・ソリューション、顧客満足度、ネットワークで転送されるドキュメントの数、および、新規顧客の獲得数であると回答した。

 企業のモバイル・ユーザの56%が、現在のドキュメント・ソリューションに満足していると回答した。

 企業のモバイル・ユーザのモバイル・ドキュメント・ソリューション(ドキュメントの印刷、スキャン、および、ドキュメント管理)の採用率は、増加を続けている。

 このモバイル・ドキュメント・ソリューションを利用できることが、企業のスマートフォンやタブレットのユーザにとって、極めて重要になっている。

 企業のスマートフォン・ユーザの35%、および、タブレット・ユーザの34%は、現在、モバイル・ドキュメント印刷を利用できないと回答した。

 その他、IDCの調査で、明らかになったこと。

 企業のモバイル・ユーザは、画面のサイズが小さいので、紙に印刷されたドキュメントではなく、PCでドキュメントを読むことを望んでいる。

 企業のモバイル・ユーザは、PCから、ドキュメントを印刷する傾向がある。

 企業のモバイル・ユーザの20%~21%は、スマートフォンやタブレットから、ドキュメント印刷を共有できるようになることを望んでいると回答した。

 企業のモバイル・ユーザの28%~30%は、3年以内に、スマートフォンやタブレットから、ドキュメント印刷を共有できるようになることに期待していると回答した。

 IDCは、世界6ヶ国における、モバイル・ドキュメント・ソリューション市場が、2015年には、2桁成長し、巨大な市場になると予測している。

 これに対し、IDCは、従来のドキュメント・ソリューション市場の成長が、減少していくと予測している。

 クラウド・ストレージ・サービスへのドキュメントの保存、および、スマートフォンやタブレットのカメラを使用した、ドキュメントのスキャンが、試験的に実施されており、モバイル・ドキュメント・ソリューションの中でも、最も高い利用率を示している。

 モバイル・ユーザは、紙のドキュメントのスキャンに、モバイル・デバイスに付いているカメラを利用できることを望んでいるようだ。

 モバイル・デバイスのカメラで、紙のドキュメントをスキャンして、PDF形式などの電子ドキュメントに変換する、モバイル・デバイス用のスキャナ・アプリには、CamScanner、Scanbot、および、TurboScanなどがある。

 Microsoftも、モバイル・デバイスのカメラでスキャンしたドキュメントを、PDFやWordなどに変換できる、Office Lensを提供している。

 この調査において、ドキュメントのスキャンを促す、大きな要因には、紙のドキュメントを、電子ドキュメント(PDF形式など)に変換して、PCやモバイル・デバイスで読むことのできる、電子ドキュメントとして、クラウド・ストレージに保存することで、ドキュメントの保管コストを低減でき、リバイザブルなドキュメントに変換できることも含まれている。

 紙のドキュメントをスキャンし、電子ドキュメントに変換して、クラウド・ストレージなどに保存し、PCやモバイル・デバイスで、利用した方が、印刷するよりも、さらに安く、紙やインクなどの資源を消費しないので、環境にもやさしい。

 ユーザは、いつ、どこにいても、モバイル・デバイスで、クラウド・ストレージから、電子ドキュメントを取り出して、利用できるようになる。

 企業のモバイル・ユーザは、会計報告、金融、法律、マーケティング、顧客管理、および、販売伝票)など、さまざまなタイプのドキュメントをスキャンしがちだという。

 IDCの調査、「Mobile Device Users/Non-Users: Print, Scan, Document Management, Worldwide」レポートは、モバイル・ユーザ向けの、モバイル・ドキュメント・ソリューション(ドキュメントの印刷、スキャン、および、ドキュメント管理)市場を考察している。

 この調査は、2015年3月から6月に実施された、6ヶ国(米国、ブラジル、英国、ドイツ、オーストラリア、および、中国)における、Web調査の結果に基づいている。

IT関連のプレスリリースや記事を抄訳し、ブログで提供しています。

ウェブサイト: http://iikurakoichi.cocolog-nifty.com/blog/