マリンスポーツ好きな人は納豆アレルギーになりやすい?

  by 松沢直樹  Tags :  

横浜市立大学の猪又直子皮膚科准教授らは、サーフィンなどのマリンスポーツに親しむ人が、納豆によるアレルギーを引き起こしやすいことを明らかにしました。

納豆アレルギーの患者は少ないとされています。しかしながら、アレルギーを引き起こした場合、発症した方の75パーセントが呼吸困難・じんましんなどいった、重篤なアナフィラキシーショックを起こすことが知られています。原因は、納豆のネバネバした成分であるポリガンマグルタミン酸という成分だということがわかっていました。
しかしながら、なぜ、マリンスポーツを好む人に、納豆アレルギーが多いのかは不明なままでした。

猪又教授らは、マリンスポーツを好む患者の一人がクラゲを食べて、重篤な納豆アレルギーを引き起こしたことに着目。
クラゲの触手には、納豆のネバネバ成分と同じポリガンマグルタミン酸が含まれています。このことから、マリンスポーツを楽しむうちに、知らないうちにクラゲに刺され、納豆のネバネバ成分に対しても、アレルギーを起こすようになったのではないかと結論付けています。

もちろん、マリンスポーツを楽しむ全ての人が、納豆アレルギーになるわけではありません。しかしながら、クラゲに刺されないスーツを着たり、専用のローションを塗るなどといった工夫をして、マリンスポーツを楽しんだほうがよさそうですね。

※写真はイメージ 足成から http://www.ashinari.com/2014/12/03-392333.php

福岡県北九州市出身。主な取材フィールドは、フード、医療、社会保障など。近著に「食費革命」「うちの職場は隠れブラックかも」(三五館)」近年は児童文学作品も上梓。連合ユニオン東京・委託労働者ユニオン執行副委員長 

ウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/epsilon-cafe/ http://nomichan2001.cocolog-nifty.com/epsiloncafe/ https://twitter.com/naoki_ma

Twitter: naoki_ma

Facebook: naoki.matsuzawa