ブールミッシュ、昨年に引き続き第86期将棋棋聖戦のおやつスポンサーに

  by tmksStyle  Tags :  

銀座に本店を持ち、全国展開している洋菓子ブランド「ブールミッシュ」が、昨年に引き続き将棋の第86期棋聖戦でオフィシャルスイーツスポンサー、つまり「おやつスポンサー」として棋戦をバックアップしている。

羽生善治棋聖に豊島将之七段が挑戦する第86期棋聖戦は去る6月2日に兵庫県洲本市のホテルニューアワジで第1局が行なわれ、羽生棋聖の勝ちに終わった。

ブールミッシュがおやつスポンサーになることは第1局が始まる前から周知されていたが、第1局が行なわれたことで、対局で出されるおやつの内容やキャンペーンの内容が明らかになってきた。

まず午前のおやつとして、両対局者に焼きシブーストが供された。

棋聖戦中継 plus: 10時半のおやつ

ブールミッシュの焼きシブーストは

生地には、アーモンドを使用し、「シブースト」を口にした時のりんご・ミルク・卵・キャラメルの風味を再現ししっとり焼き上げました。内に隠されたりんごのキューブの食感がアクセントをつけています。
生菓子の「シブースト」の風味をそのままに、美味しさを一日でも長く保てたら・・・との思いから生まれた商品です。

(※ブールミッシュの棋聖戦特集サイト”http://www.boulmich.co.jp/kiseisen.html”より引用)

とのこと。
焼きシブーストはブールミッシュのオンラインストアなどで購入することができる。
ブールミッシュ オンラインショップ/焼きシブースト

午後3時のおやつには対局開催地にちなんで、羽生棋聖には「鳴門オレンジのパウンドケーキ」、豊島七段には「鳴門オレンジのゼリー」が出された。
現物の写真については下記リンクの棋聖戦中継ブログ記事にて確認していただきたい。
棋聖戦中継 plus: 15時のおやつ

「鳴門オレンジのパウンドケーキ」は

卵黄と卵白を分けて、別々に泡立てる”別立て法”によって卵白の方をメレンゲにし、
小麦粉の分量を抑え、その分アーモンド粉を多めに使うことで、きわめてしっとりしとしたパウンド生地をつくりました。

鳴門オレンジの皮をシロップでコンポートにしてパウンドケーキに練り込り、
同じくシロップで煮込んだ広島産レモンを最後に加え、香りと味の余韻を締める仕上げを行っています。

初夏でも食しやすいオリジナルのパウンドケーキです。
(※ブールミッシュの棋聖戦特集サイト”http://www.boulmich.co.jp/kiseisen.html”より引用)

とのこと。

同じく、「鳴門オレンジのゼリー」については

鳴門オレンジの果汁と希少糖含有シロップを合わせて固めたゼリー。
同じゼリーでも下層は柔らかく、上層は固めのゼリーをクラッシュ状にした二層仕立てとしました。
同じ味でありならも食感に変化を持たせています。
ゼリーを盛り付ける器を鳴門オレンジの皮をそのまま使用しました。

鳴門オレンジの力強い天然の味わいを表現したここだけのオリジナルゼリーです。
(※ブールミッシュの棋聖戦特集サイト”http://www.boulmich.co.jp/kiseisen.html”より引用)

と説明がされている。

「鳴門オレンジのゼリー」は
『6月12日(金)から14日(日)まで 池袋西武ブールミッシュ、ブールミッシュ銀座本店で限定個数販売』
するとのこと。実際に味わってみたい人は要チェックだ。

またブールミッシュでは、第86期棋聖戦を記念してオリジナルパッケージの焼き菓子セットを販売している。この商品は棋聖戦期間限定での販売となっており、棋聖戦開催地、ブールミッシュ銀座本店、電話、ブールミッシュオンラインショップ楽天市場Amazonで購入することができる。
パッケージには詰め将棋が印刷されており、ブールミッシュの棋聖戦特集サイトから詰め将棋の解答を送ると、抽選で直筆サイン色紙などのプレゼントがもらえるキャンペーンが行なわれている。

(棋聖戦特集サイトから詰め将棋に解答するとプレゼントがもらえる。)

第2局以降どんなおやつが出されるのか、ブールミッシュのお菓子を食べながら将棋の内容とともに注目したい。

(※トップ画像はブールミッシュの棋聖戦特集サイト”http://www.boulmich.co.jp/kiseisen.html”のスクリーンショット)

"XnView"その他フランスのPierre-e氏作成のフリーソフトの日本語化に全面的に携わっています。http://tmksstyle.hatenablog.jp/ 最近の趣味は将棋観戦。

ウェブサイト: http://tmksstyle.hatenablog.jp/ http://www.xnview.com/

Twitter: tmksStyle